【原因不明の中皮腫?とりあえず話を聞かせてください】北海道・ルタオ本店のある街から

2016年12月、「息子が中皮腫になった。原因がよくわからない」という相談がありました。

原因が不明と言われる方はそれなりにおられます。そういう方の中でも、半数以上の方はよくよく話を聞くと「これは労災になりそうだな」と思う方です。「中皮腫=どこかでアスベストを吸っている」ので、注意深く話を聞くことで、患者さんご本人の自覚がない石綿ばく露を確認できたりします。今回紹介する事例はそのような話です。

さっそく、ご本人とお会いすることにしました(問い合わせがあったその日か次の日には会いに行く!が私の中皮腫患者さんの相談を受けた際の基本的スタンスです)。

患者さんに職歴を聞くと、①配送業、②食肉等の生産・販売業、③印刷機・電話機の販売業、④クリーニング業、⑤介護サービス業などに従事されておられました。ざっと概要を聞いただけでは、たしかにアスベストとの関連がすぐには結びつきませんでした。ですが、会社ごとに詳細に話を聞いていると、「そういえば」という話が、「印刷機・電話機の販売業」の仕事で出てきました。職種としては事務・営業だったのですが、電気工事の現場に入社後半年くらいから週に1、2回行っていたとのことでした。現場は小規模のマンションが多かったとのことで、電気・電話の新設工事で電気ケーブルの敷設のために同僚が天井裏などに入っており、その際に配線工事の補助作業をしていたとのことでした。あわせて、建築物の解体現場に行くこともあり、直接は解体作業をしていたわけではなかったものの、そばで見ていたり簡単な手伝いをすることもあったようです。

話を整理して労災請求をすることにしました。請求人の主張のとおり、労働基準監督署はこのような事実を認定して、会社に在籍していた6年間=石綿ばく露作業期間として認めました。

患者さんは現役バリバリの50代で、仕事がほとんどできなくなってしまっていたので労災認定されたことに安堵されていました。この患者さんは、中皮腫の治療のためにも遠方に通院されていたので、通院のための交通費なども労災から支給されることになりました。

しばらくして、久しぶりに会うことになり、新千歳空港で昼食をご一緒することになりました。その日は、久しぶりに「北海道らしい食べ物」を食べたいと思っていたのですが、何も聞かれずにサンドイッチ屋さん連れて行かれました。「えっ!なんでサンドイッチ?道外の人間だから何か食べたいものはないかとか聞いてほしい」とかツッコミたくなったのですが、たしかにそこのサンドイッチは美味しかったです。

話が逸れてしまいましたが、患者さんのお母さんの問い合わせから全てが始まりました。私たちが何かお役に立てるのかは、じっくり話をしてからでないとわからないこともたくさんあります。「連絡をとること自体に躊躇していた」という方もたくさんいます。ですが、一歩踏み出して頂くことで何かのご協力が私たちにできるかもしれません。

こんなことを書いている最中にも、「ポータルサイトのことは知っていたけど・・・」という方からの問い合わせが入りました。力になれることはほんのわずかな部分だけかもしれません。それでも、そのわずかな部分に対して、最大限のご支援ができるよう心がけていきたいと思います。飛行機と電車が動いているならば、日本国内どこへでも行きます。