中皮腫啓発月間 Mesothelioma awareness month 2021

更新:2021年7月24日

公開:2021年6月26日

「中皮腫啓発月間 Mesothelioma awareness month 2021 〜明日への希望をつなぐ〜」と題し、2021年7月に日本初の中皮腫啓発月間を開催致します。新型コロナウイルス感染拡大防止をはかるため、オンラインにて各種プログラムを開催します。ホワイトリボンを中皮腫啓発月間のシンボルとしました。中皮腫啓発月間の取り組みは、英国において開催されている「アクション・メゾテリオーマ・デー」に刺激を受けたもので、現地への視察を通じて交流もしてきました。現地では今年も「アクション・メゾテリオーマ・デー」が7月2日に開催されます。英国からの激励のメッセージも届いています。

今回の中皮腫啓発月間は、中皮腫患者と家族のおかれている現状を理解し、患者一人ひとりがより有意義な治療・療養をしてもらう契機としていただき、今後の治療環境改善のための変革を起こしていくスタートと考えています。さらに、患者が少ないために、診療・受療上の課題が他のがん種に比べて多い中皮腫の状況ついて、国民全体が理解し、国民自身の課題として、状況改善のムーブメントを起こしていっていただくことを目指しています。

期間中、さまざまなイベントを予定させていただいております。一人でも多くの患者・家族のみなさまの「明日への希望」とつなげて頂きたいと思います。

セミナープログラム

※掲載しているプログラムは6月27日現在時点で予定しているものです。登壇者等の体調によって予告なく変更される場合がございます。悪しからずご了承ください。

※各セミナーへの視聴申し込みはこちらからお願いします。後日、視聴方法をご案内致します。

7月3日(土)15時〜16時30分

①日本での中皮腫啓発月間〜英国のアクション・メゾテリオーマ・デーの取り組みを参考に
(中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会副会長/NPO法人中皮腫サポートキャラバン隊事務局長 松島恵一)

②中皮腫患者と家族がおかれている現状〜中皮腫サポートキャラバン隊の役割と目指すもの
(NPO法人中皮腫サポートキャラバン隊理事長 右田孝雄)

③希少がんセンターと中皮腫〜希少がんホットラインからみえる中皮腫患者さんの現状
(国立がん研究センター 希少がんセンター 加藤陽子先生)

7月10日(土)13時〜14時

①中皮腫・アスベスト健康被害と法的補償
(大阪アスベスト弁護団 村松昭夫先生)

7月17日(土)13時〜15時

①胸膜中皮腫患者からのメッセージ
(NPO法人中皮腫サポートキャラバン隊運営委員 山中伸治)

②腹膜中皮腫患者からのメッセージ
(NPO法人中皮腫サポートキャラバン隊運営委員 中島喜章)

③中皮腫患者の遺族からのメッセージ
(中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会副会長 山田哲也)

④中皮腫患者の遺族からのメッセージ
(NPO法人中皮腫サポートキャラバン隊サポーター 有賀 忍)

7月24日(土)13時〜15時

①中皮腫医療の最前線Q&A〜国立がん研究センターの専門医が答えます!
(国立がん研究センター 後藤悌先生)
中皮腫の治療・療養に関わる質問を、申し込みフォームから随時募集中。ただし、内容によっては回答できないものもございますので、ご了承ください

②中皮腫患者が抱える課題、それに対する支援について~公的制度、介護、緩和ケア、医師との関係性など~
(兵庫医科大学病院医療社会福祉部 福神大樹先生)

③中皮腫と社会保障〜患者の経験から〜
(NPO法人中皮腫サポートキャラバン隊副理事長 舘山亮)

7月31日(土)13時〜15時

①皆さんに知ってほしい“療養生活に役立つ制度・情報”
(国立がん研究センター東病院・サポーティブケアセンター 坂本はと恵先生)

②中皮腫治療研究の未来
(兵庫医科大学病院 呼吸器内科診療部長 木島 貴志先生)

③中皮腫治療における免疫チェックポイント阻害薬の可能性
(岡山労災病院呼吸器内科・腫瘍内科 藤本伸一先生)

④座談会:中皮腫治療のこれから〜医療者や患者・家族にできること〜
(国立がん研究センター 後藤悌先生、兵庫医科大学病院 呼吸器内科診療部長 木島 貴志先生、岡山労災病院呼吸器内科・腫瘍内科 藤本伸一先生ほか)

中皮腫啓発月間

セミナー参加・「中皮腫医療の最前線Q&A」申し込み

セミナーおよび「中皮腫医療の最前線Q&A〜国立がん研究センターの専門医が答えます!」への質問はこちらよりお願いします。

患者と家族のインスタフォトギャラリーキャンペーン(#中皮腫アスベストギャラリー)

中皮腫・アスベスト疾患の患者・ご家族・ご遺族、その方々に思いを寄せるみなさまから、インスタグラムを通じて投稿写真を募集します。

人・物・風景など、患者さんやご家族の方々、患者・家族の方々に想いを寄せてくださる皆様が生活の中で自身が撮影した写真であれば何枚でも応募・投稿してOKです。写真は「過去」・「現在」を問いません。

この企画は、今を生きる患者さんやご家族の日常、これまでに志半ばで旅立たれた患者さんたちの軌跡をみつめなおす機会として、現在も治療を続けている患者さんやご家族、大切なご家族やご友人との別れを経て今を生きるご遺族などのみなさま、このような方々に思いを寄せられているみなさまの明日を生きる糧として頂きたいという思いからつくられました。

応募・投稿方法【3ステップ】

STEP1(アプリをダウンロード)

  • スマホ端末に「インスタグラム(Instagram)」アプリをダウンロードする。
    ※スマートフォンをお持ちでない方、操作が苦手な方はこちらから直接、写真と掲載するコメントをお寄せください。(@migikurihouse)から代理で投稿させて頂きます。

STEP2(アカウントをフォロー)

  • 特定非営利活動法人 中皮腫サポートキャラバン隊 公式インスタグラムアカウント(@migikurihouse)をフォローする。

STEP3(撮影・投稿)

 利用規約

2021年6月22日
特定非営利活動法人 中皮腫サポートキャラバン隊

本キャンペーンにおいて、写真投稿される方は本利用規約に同意いただいたものとみなします。

(1)注意事項
■Instagramをご利用の際は、本利用規約の他、Instagramの規約を遵守してください。
■ハッシュタグ#中皮腫アスベストメモリーをつけて投稿いただいた全ての画像は、特定非営利活動法人 中皮腫サポートキャラバン隊の公式サイト、公式SNS、ポスター、チラシ等で公開させていただく場合があります。その場合、特に個別にお知らせすることはございませんので予めご了承ください。
■特定非営利活動法人 中皮腫サポートキャラバン隊が投稿写真の内容や使用に関し応募者にご連絡する場合がございますのでダイレクトメッセージが送信できるよう公式アカウント(@migikurihouse)をフォローしてください。
■人物を主題にした写真を投稿する場合は、被撮影者の了解を得たもののみとしてください。肖像権に関するトラブルは特定非営利活動法人 中皮腫サポートキャラバン隊は責任を負いません。
■投稿写真内で確認できる対象物によって肖像権や著作権等の第三者の権利侵害があった場合、特定非営利活動法人 中皮腫サポートキャラバン隊では一切責任を負いません。ご利用者は、ご自身の責任で本サイトのご利用・作品の投稿をお願いいたします。
■以下の内容に当てはまる投稿は、ご遠慮ください。
1)公序良俗に反する内容
2)売買及びそれに準ずる行為、特定サイト及びアドレスの掲示や宣伝行為の意味を含んだもの
3)当サイトの運営を妨げ、信頼を毀損するような行為を含んだもの
4)当サイトのテーマ意図と異なるもの
5)特定のキャラクターやタレントの権利に抵触する恐れのあるもの
6)個人、企業、団体などを中傷したり、プライバシーを侵害するもの
7)他人の著作権、肖像権に抵触するもの
8)その他、当法人が不適切と判断するもの


■本キャンペーンにおいてインスタグラム(Instagram, LLC)は、一切関わっておりません。
■本企画内容を含む、応募者のInstagram(インスタグラム)、その他SNS上での投稿内容や、それに関わるトラブルに関しては、特定非営利活動法人 中皮腫サポートキャラバン隊では責任を負いません。
■本キャンペーンはInstagram(インスタグラム)を活用したキャンペーンです。Instagram(インスタグラム)および関連するアプリケーションの動作環境により発生するキャンペーン運営の中断または中止によって生じるいかなる損害についても、特定非営利活動法人 中皮腫サポートキャラバン隊が責任を負うものではありません。

(2)個人情報の取得について
■特定非営利活動法人 中皮腫サポートキャラバン隊(@migikurihouse)を通じて投稿させていただくために提供していただきました個人情報は、プライバシーポリシーに則り厳重に管理します。

医療関係者からのメッセージ

国立がん研究センター中央病院呼吸器外科

日本石綿・中皮腫学会

ベルランド総合病院(岡部和倫先生)

中皮腫アスベスト患者・患者支援団体からのメッセージ

泉南アスベストの会

中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会

石綿対策全国連絡会議

アスベストユニオン

全国労働安全衛生センター連絡会議

アスベスト訴訟関係弁護団からのメッセージ

大阪アスベスト弁護団

アスベスト訴訟弁護団

共催団体

中皮腫サポートキャラバン隊、中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会

後援

国立がん研究センター希少がんセンター、日本石綿・中皮腫学会、ベルランド総合病院、泉南アスベストの会、石綿対策全国連絡会議、アスベストユニオン、全国労働安全衛生センター連絡会議、アスベスト訴訟弁護団、大阪アスベスト弁護団

ご寄付のお願い

中皮腫をはじめとするアスベスト患者・家族のおかれている環境のより一層の改善を図るためには、今回のような啓発月間のような取り組みをはじめ、日常的なピアサポート活動への支援、相談活動、医療関係者との連携した取り組みが求められます。一層の活動推進を図っていくための資金についてご支援くださいますようお願いします。

詳しくは、サポーター募集&寄付のお願いをご確認ください。私たちの活動に係る報道をぜひご確認ください。