アスベスト救済制度で腹膜中皮腫の判定を否定されて不認定となり、のちに「認定」となった事例

公開日:2020年10月11日

アスベスト健康被害による腹膜中皮腫に罹患したAさんが、救済制度による認定申請をしたところ、不認定とされました(途中、Aさんが他界して遺族が申請)。遺族は、審査請求機関である公害健康被害補償不服審査会に申し立てをおこなったところ、原処分見直しの決定を受けて「認定」となった事例を紹介します。

アスベスト救済制度で腹膜中皮腫の判定を否定された事案の概要

2008年3月10日に腹膜中皮腫で死亡したAさん(千葉県)が、アスベストによる健康被害が原因として独立行政法人環境再生保全機構へ石綿救済制度へ申請しました。のち、同年7月にAさんが逝去されたことを受け、Aさんのご遺族が申請を引き継ぐことになりました。

しかし同年9月8日付けで、審査にあたった独立行政法人環境再生保全機構からは、提出された放射線画像や細胞診標本などの資料を総合的に判断したところ、「中皮腫ではない」との理由で石綿健康被害救済制度に定める指定疾病に該当しないとの理由で不認定の通知が送付されてきてしまいました。

Aさんのご遺族は、適正な判断をしていないとして、処分に納得できないとする主張のもと、公害健康被害補償不服審査会に審査請求の手続きをされました。

「腹膜中皮腫でない」とした環境再生保全機構の主張

独立行政法人環境再生保全機構は、医学的判定を申し出た環境大臣(実際の審査は「中央環境審議会環境保健部会石綿健康被害判定小委員会」)から、次の理由があったとしています。

・当初、①細胞所見における形態的特徴の記載が不十分であること、②中皮腫で陰性となるはずの抗体(腺がん除外に用いる抗体)による免疫染色が実施されていない、ことから申請者に対して免疫染色結果や細胞標本などの提出を求めた。

・追加で提出された細胞標本33枚をもとに、放射線画像なども含めて総合的に判定したが、「中皮腫でない」とした。

・審査分科会や小委員会での計4回の審議を経て、腹膜中皮腫ではなく、腺がんとの判断に至った。病理所見において、細胞所見における個々の異形細胞および出現のパターン、免疫染色の結果としてCEAが陽性、calretininが陰性であったことで腺がんとの意見が支持された。

・放射線画像では、大量の腹水を認め、一部腹膜に肥厚を認めて「悪性腹膜病変」と判断したが、腹膜中皮腫や腺がんなど、その他の原因との鑑別はできなかった。

腹膜中皮腫だとした公害健康被害補償不服審査会の判断

Aさんのご遺族は9月29日付けで審査請求をおこない、それを受けて審査をおこなった公害健康被害補償不服審査会は、請求人に対する結果の通知において「提出された細胞診標本、放射線画像等を含めた資料を総合的に判断した結果、中皮腫ではないと判定されたため。」との記載しかしていない点を行政手続法8条の要請を満たしておらず、石綿健康被害の迅速な救済を図るという法の趣旨にもとるものでもあり、請求人に詳細な理由が告げられるべきであるとの前提に立ちながら、次のような判断をしました。

・診断書では「腹膜悪性中皮腫」とされているが、のちに医師から提出された意見書からCEA染色が染まり、中皮腫だと断定できない状況とのことであるから診断書自体の証拠価値は乏しい。

・死亡診断書でも直接死因として「悪性腹膜中皮腫」となっているが、診断根拠は示されていない。

・細胞診検査報告書からは、ヒアルロン酸値はやや高いが、中皮腫を示唆するとまでは判断できない。CEAとCA19ー9の検査結果報告書において特に後者の数値が高値を示しており、一般的にはすい臓がんや胆嚢がんの際にみられるが、本件において腹膜中皮腫そのものを肯定も否定もすることもできない。

・細胞診標本では、審査において「腹膜中皮腫ではなく、腺がんである可能性が高い」としているが、腹膜中皮腫は完全に否定されていないにもかかわらず、判定結果が「中皮腫でない」と断定されていることに違和感を感じる。

・画像所見では、両側胸部下部後面に胸膜プラークが認められる。

・病理所見では、calretininが陽性となっており、サイトケラチンも陽性であることを考慮すれば、腹膜中皮腫の可能性が高い。

以上を踏まえて、医学的に中皮腫だと診断できないゆえに認定しないことは適当ではなく、救済法上の中皮腫に該当するために認定すべきとしました。また救済法では、請求人側に刑事司法手続きで求められるような高度な立証責任はないとして、指定疾病の可能性が高い場合には、医学的な確定診断はともかく、一定程度の証明をもって認定し、救済を図るのが相当とするべきとしました。

石綿救済制度で不認定となっても、認定の可能性を探る

以上のように千葉県のAさんの事例をみてきましたが、このように中皮腫であるとして申請をしたものの不認定となってしまう事例が散見されます。しかし、今回のAさんの事例や、中皮腫の確定診断がアスベスト救済制度で否定され、公害健康被害補償不服審査会で原処分が取り消された事例などもこれまでにありました。

労災制度でも同様の事例はあります。諦めず、ご相談頂きながら可能性を探ってみましょう。

参考

環境省 公害健康被害補償不服審査会 平成20年第22号 裁決書