中皮腫の補完代替療法

補完代替療法とは

補完代替療法とは

・補完療法(現在私たちが受けている西洋医学を補う、補完する治療)

・代替療法(現代西洋医学に取って代わる、代替する治療)

を掛け合わせたもので健康食品やサプリメント、鍼灸、マッサージ療法、運動療法、心理療法と心身療法などがあります。

がんの治療にはいろいろな方法があり、治療後の療養生活が長いことや進行の様子によっては、治療そのものが難しい場合があることから、手術治療や薬物療法、放射線治療といった標準的にがんに対して行われる治療のほかに、いわゆる“民間療法”や“代替療法”と呼ばれる、補完代替療法に関心を持つ患者さんや家族は少なくありません。

ただし補完代替療法はどのような目的で、どのような効果を期待して使うかなどと吟味する必要があります。補完代替療法は健康保険の適用しない治療が多く、治療の効果や終了の判断が難しい一面もあります。また補完代替療法により病状が悪化する可能性も否定はできないために、治療を行う際には事前に医師の意見を伺ったり、相談したりして、何かあったときに適切な対応ができるように主治医と関係性を築いておくことが好ましいです。

【参考文献】

がんになったら手にとるガイド -補完代替療法(ほかんだいたいりょうほう)を考える-

国立がん研究センター がん情報サービス -代替療法(健康食品やサプリメント)-

厚生労働省 -「統合医療」情報発信サイト-

国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 -「健康食品」の安全性と有効性情報-

四国がんセンター -がんの代替医療の科学的検証に関する研修-