中皮腫とは

中皮腫とは

そもそも中皮腫(ちゅうひしゅ)の“中皮”とは「肺、心臓、胃腸・肝臓などの臓器にある胸膜(肺)・心膜(心臓)・腹膜(腹部臓器)・精巣鞘膜(精巣)という膜」のことで、この中皮から発生したがんを中皮腫といいます。

中皮腫が発生する比率は胸膜が約80%、腹膜が約20%、心膜が約1%、精巣鞘膜が約1%となっており、発生の要因は、そのほとんどがアスベスト(石綿)を吸ったことによります。
アスベストを吸ってから中皮腫が発生するまでの期間はとても長く、25年から50年程度(平均で40年ほど)経ってから発生するとされています。

症状は胸痛、咳(せき)、大量の胸水による呼吸困難や胸部圧迫感があります。また原因不明の発熱や体重減少がみられるときもありますが、これらは中皮腫に特徴的な症状とはいえず、早期発見が難しい病気です。

また、中皮腫の進行の程度や他の臓器などへの転移の有無で治療内容が異なるために、病気の状況を把握するように心掛けましょう。

胸膜中皮腫の病期分類(腹膜・心膜中皮腫の病期分類はまだ決められていません)

I

片側の胸膜注)にのみがんがある(リンパ節転移や離れた臓器への転移がない)

Ia期:外側の胸膜(壁側胸膜:へきそくきょうまく)にのみがんがある

Ib期:内側の胸膜(臓側胸膜:ぞうそくきょうまく)にがんが広がっている

 II

片側の胸膜にのみがんがあり、横隔膜の筋層や肺に広がっている

(リンパ節転移や離れた臓器への転移がない)

III

同側のすべての胸膜ががんに侵され、周囲に広がっている状態であるが、手術治療の可能性が残されている。がんのある側のリンパ節に転移があるが、胸腔外には転移していない状態

IV

がんが胸壁、縦隔、横隔膜下などに広がり、切除することができない状態まで広がっている。反対側のリンパ節や胸腔外に転移している

【参考文献】

>国立がん研究センター がん情報サービス-中皮腫 基礎知識-

>国立がん研究センター 希少がんセンター -悪性胸膜中皮腫-

>がん情報サイト Cancer Information Japan -悪性中皮腫の治療(PDQ®)-

国立がん研究センター がん情報サービス -中皮腫 検査・診断-

アスベスト(石綿)とは

アスベスト(石綿)は、天然にできた鉱物繊維で「せきめん」「いしわた」とも呼ばれています。

極めて細い繊維で、熱、摩擦、酸やアルカリにも強く、丈夫で変化しにくいという特性を持っていることから、建材(吹き付け材、保温・断熱材、スレート材など)、摩擦材(自動車のブレーキライニングやブレーキパッドなど)、シール断熱材(石綿紡織品、ガスケットなど)といった様々な工業製品に使用されてきました。

アスベストを吸い込むことで中皮腫・肺がん・石綿肺・びまん性胸膜肥厚・良性石綿胸水などを発症する可能性が高まることが知られており、日本では1930年から2005年にかけて合計約1000万トンという大量のアスベストが輸入されて、8割以上は建材に使用されたと言われています。

そのために中皮腫などの疾患は発症までの潜伏期間が長いことから当時、建設業・製造業・自動車整備業などのアスベストを取り扱う環境に従事していた人やアスベストが使われいる建物内で過ごしていた人の健康被害が現在になって危惧されている状況です。

【参考資料】

独立行政法人 環境再生保全機構 -アスベスト(石綿)健康被害の救済-