ピアサポートとは

ピアサポートとは

みぎくりハウス(中皮腫サポートキャラバン隊)ではピア・サポートを大事にしています。

『がんサロン ピア・サポート実践ガイド』(大島寿美子・木村恵美子、みんなのことば舎)によると、ピア・サポートは英語の『Peer support』をカタカナにしたもので、Peerはラテン語を語源としていて「同等の者」「同じ立場の者」を指す言葉として使われています。具体的には「仲間」「同僚」「同輩」などがこのような関係にあたるため、日本では『Peer』を「仲間」と訳している場合も多く見られます。『support』は「サポート」というカタカナ語として日本語化していますが、簡単にいうと「支えること」という意味です。つまり、ピア・サポートとは一般に「同じ立場の人に支援」ということです。

誰かが何かの問題や課題を抱えた時に行なわれるサポートには、専門家によるサポート、家族によるサポート、会社や町内会のメンバーによるサポートなどさまざまな形がありますが、ピア・サポートの特徴は共通の「体験」を持った人同士の支援であるということです。

中皮腫サポートキャラバン隊が、みぎくりハウスの中で言っている「ピア」とは、全てのアスベスト被害者のことを指しています。そこには中皮腫や肺がんなどアスベスト疾患の患者さんの他に、患者さんの家族、遺族、キャラバン隊の支援者もいます。活動は、患者さん同士のピア・サポートに限らず、時には、患者さんが遺族を思い、遺族が家族を思うことも含みます。私たちはさらに、支援者と患者さんの関係も、アスベスト被害に取り組む仲間という点で幅の広いピア・サポート活動だと考えています。

みぎくりハウスで、全てのアスベスト被害者が支え合いながら、自分なりの最善のピア・サポート力をつけていきましょう。
【参考文献】

>「がんサロン ピア・サポート 実践ガイド」大島寿美子氏・木村恵美子氏著書

腹膜・心膜・精巣鞘膜中皮腫におけるニボルマブ(オプジーボ)使用についての署名のお願い

胸膜中皮腫のセカンドラインの治療薬として、昨年、ニボルマブ(オプジーボ)が保険適用薬として使用されるようになりました。
一方、胸膜中皮腫以外の腹膜等の中皮腫(腹膜、心膜、精巣鞘膜)の患者は非該当とされたままです。
腹膜等の中皮腫患者は、胸膜中皮腫に準じる治療を受けています。
私達は、腹膜等の中皮腫患者にも胸膜中皮腫と同様の治療の選択肢を一日も早く認めて頂きたいと願っています。
この切実な思いを以下の要望にまとめ、政府、薬品会社、医療者の皆さんに届けたいと思います。
できるだけ多くの中皮腫患者の方々にこの要望に加わって頂きますようお願いいたします。同時に、患者家族をはじめ、多くの皆さんにご賛同の署名を頂きますようお願いいたします。
2019年6月7日
中皮腫サポートキャラバン隊
共同代表 栗田英司・右田孝雄