ニボルマブ(オプジーボ)使用についての署名:お寄せ頂いたコメントの紹介です

・私達患者の切実な思いが届きますよう願います。(患者・腹膜中皮腫)
・すぐに行動してくださって、心から感謝いたします。(患者・腹膜中皮腫)
・決してオプジーボが完璧な薬ではない事承知してますが標準治療がない私たちにはひとつでも治療法が増える事は生きる希望になります。消えかけている同志の命が沢山あります。時間がないです。生きる可能性がある以上、諦めないです。是非承認をお願いします。(患者・腹膜中皮腫)
・自分も腹膜中皮腫患者です。本当に中皮腫には明確な治療方法がなくまた医師の経験不足から引き起こされる悲劇が何度となくあります。この状況を少しでも早く打開できるようにと思い署名いたします。(患者・腹膜中皮腫)
・一日も早く希望の持てる薬剤承認を願います。(患者・腹膜中皮腫)
“・私は現在腹膜中皮腫を発症し、闘病中の60代の男性です。半年前、腹水に水が溜まっていると健康診断で発覚し、その原因が腹膜中皮腫でした。現在、アリムタとシスプラチンで治療をしています。しかし、これが出来なくなると次にうけられる治療がありません。オプジーボを使用するには、国の許可がないと出来ないのが現状です。家族の為にも少しでも長生きしたいです。
どうか皆様のお力をお借りしてオプジーボの使用を認めてほしいです。宜しくお願い致します。(患者・腹膜中皮腫)
・急に希少ながんだと診断されて4ヶ月が経とうとしてます。初めての抗がん剤も効果がなく中断になり、2つめの抗がん剤を始めたところです。どちらの治療を開始するときも腹膜中皮腫に作られているものではない使える薬が少ない効いてくれればいいのですが、試してみては効果がなければほかの治療薬をまた探して来て試すと患者側にとれば感じられます。このような治療という状態は不安以外のなにものでもありません。少しでも腹膜にも使える薬が増えて選択肢が広がる事を切望します。稚拙な文章お許しください。(患者・腹膜中皮腫)
・キャラバン隊の皆様、ご尽力に感謝いたします。私は最近悪性腹膜中皮腫と診断され、まだ混乱している最中ですが、こういった活動を知りとても心強く思いました。取り急ぎ、署名させていただきます。宜しくお願いいたします。(患者・腹膜中皮腫)
・オブジーボを使えるようにお願いします。(患者・腹膜中皮腫)
・一日も早く腹膜中皮腫にもオプジーボの認可がおりる事を心待ちにしております。(患者・腹膜中皮腫)
・署名活動ご苦労様です。患者数が少なく署名も集まり難いかと思いますが頑張ってください。もっと多くの人達に病気の事を知ってもらえれば、他人事で無く身近なものと思っていただけて賛同してくださる方も増えると思います。(患者・腹膜中皮腫)
・私は腹膜中皮腫と診断されて手術から7年目を迎え、今月48歳になる主婦です。活動を立ち上げる以前より、ブログを拝見させて頂いておりました。今の所、病気が大人しくしていてくれるので通常の生活を送れておりますが、治療方法が確立されていない為、年月が過ぎるほど不安も大きいのが現状です。ですので、活動に賛同したく、私にも何か出来ることがございましたらと思います。何卒よろしくお願いいたします。(患者・腹膜中皮腫)
・こんにちは。皆さん年末年始は寒さも厳しくなります、風邪等に十分気を付けてください!良い年をお迎えください!(患者・腹膜中皮腫)
・私は現在のところ受動的な治療のみでキャラバン隊の皆さんのような患者力がありません。しかし中皮腫という病いで身体も心も苦しんでいることには変わり無く、残酷な余命宣告を受けながらも希望を失わず少しでも有効な薬があれば何としてでも頼りたい気持ちは同じです。これも患者力になればと思い、能動的な治療のひとつとして、患者のひとりとしてこの要望に強く賛同いたします。(患者・胸膜中皮腫, 腹膜中皮腫)
・力を合わせて頑張りましょう(患者・胸膜中皮腫)
・明日への希望をつないで、生きられますように、ぜひ胸膜中皮腫以外にも、承認お願いします。(患者・胸膜中皮腫)
・一刻も早く、治療が出来る薬が承認される事を願います(患者・胸膜中皮腫)
・皆さんの願いを込めて(患者・胸膜中皮腫)
・2016年4月胸水の貯留がみつかり、そこから多々検査を受け6月胸膜中皮腫と診断されました。そして翌週から抗がん剤投与開始、治療に一定の成果ありと言う事で、11月末左胸膜肺全摘手術、そして年が明けての放射線治療、その4カ月後右肺に腫瘍が見つかり6カ月の経過観察の後、今年初めからオプジーボでの治療が始まりました。現在7回目です。先生方の対応の速さと手厚いサポート体制に感謝の毎日です。(患者・胸膜中皮腫)
・早期承認を。(患者・胸膜中皮腫)
・治療の選択肢が広がるよう微力ですがご協力させていただきます。(患者・胸膜中皮腫)
・一刻も早く、腹膜中皮腫や、他の方々のオブジーボ投与や、新しい治療方法が認められますように!(患者・胸膜中皮腫)
・生きることに協力してください。(患者・胸膜中皮腫)
・胸膜中皮腫以外の中皮腫の患者さん達にも、1日も早く、オプジーボを承認して下さい。明日への希望をつないで、生きる為に。(患者・胸膜中皮腫)
・1日も早く全ての中皮腫にオプジーボが認められますように。(患者・胸膜中皮腫)
・私は胸膜ですが、是非、他の中皮腫にも治療のチャンスをお願いします。(患者・胸膜中皮腫)
・全ての人が平等に治療が受けれるように祈ってます。(患者・胸膜中皮腫)
・これからの患者さんのためにも良き医療を!(患者・胸膜中皮腫)
・2017年10月生検後、悪性胸膜中皮腫とわかりましたが、脳梗塞、狭心症の持病ありで何も治療せずを選択してますが、病人が望む治療は認めて欲しいです。(患者・胸膜中皮腫)
・先日、16回目のオプジーボの治療が終わりました。(患者・胸膜中皮腫)
・この病気は全ての方が発症する可能性があります。発症したら「死」が目の前にあります。少しでも長く生きるために全ての中皮腫患者がオプジーボによる治療ができるように承認をお願いします。よろしくお願いいたします(患者・胸膜中皮腫)
・一日も早くニボルマブ(オプジーボ)の使用を認可していただく事を切に要望致します。(患者・胸膜中皮腫)
・頑張って下さい。(患者・胸膜中皮腫)
・二回目の抗がん剤治療中です。(患者・胸膜中皮腫)
・2014.12.26発症。2015.1月より入退院を繰り返し、治療頑張っています。(患者・胸膜中皮腫)
“・しばらく読んでいませんでした、以前一度だけコメントいたしました者です
私自身3年前 抗がん剤→右肺胸膜全摘出手術→放射せん治療をして、今年3月に再発しニボルマブ(オプジーボ)を打っています 先週で十回目です。効いているか?微妙なところです。この運動に賛同します❗頑張って下さい☺(患者・胸膜中皮腫)”
・色々お世話になっています。ほんの少し協力させて頂きます。(患者・胸膜中皮腫)
・より良い治療 受けられる治療 受けたい治療の選択肢が増えることは患者とっての希望です。 (患者・胸膜中皮腫)
・私は二週間毎にオプジーボを点滴をしに病院に通っていますが、胸膜以外認めてないとは、しりまめんでした。私にはこの薬は良く合っています。それは、副作用がほとんどありません。皆さんの希望が、叶うのを、願っています。(患者・胸膜中皮腫)
・癌種に応じての治療薬保険適応の撤廃をお願いします。腎臓癌サバイバーとして署名いたします。
・肺がん患者です。頑張りましょう!
・私は肺がんステージ4ですが寿命を伸ばすために自分に合うくすりに出会うために頑張っています。病気は違いますが生きたい気持ちは同じです。
・私は肺癌患者なので 中皮腫の種類にマークして良いのか迷い その他にマークしました。間違えていたらすみません。一日も早く承認され お薬を必要とされている方に届きますように!!!
・私も肺癌と戦ってます。患者様達が希望の糧となる薬の承認か1日でも早く承認される事を切に願います。患者に取って1日1日が生きる戦いです。どうかよろしくお願いします。
・私は脂肪肉腫を罹患しています。同じ希少がん患者として一分一秒でも長く生きていたいと思っており、オプジーボが保険適用の認可される事を願います。
・私はステージ4の腎臓がんですが 現在オプジーボ にて 腫瘍が縮小中です。たくさんのがん友達が 少しでも 救われることを切に望みます。
・希少がん治療に多くの選択肢が使える事ができるように望みます。
・自身が肉腫患者です。希少な難病にもひかりをという切なる思いがあります。
・希望される方が少しでも早くオプジーボを使用できるよう願っています。
・私は肺腺癌末期患者です。私はキィートルダを投与しています。ほんの少しでも力になれたらと署名させていただきました。
・憩室炎と腎臓癌で複合手術した時、中皮腫の方と同室になることがありました。非常に咳も多く、苦い痰に苦しんでいらっしゃいました。どんな中皮腫であっても、公平にニボリマブ治療が保険で受けられるようにお願いします。
・脳腫瘍です。ガンサバイバーとして闘っています。よろしくお願いします。
・肺がん患者です。一刻も早く治療選択肢が広がり、適切な治療が保険適用される事を望みます
・私自身、胸腺癌をわずらっています。治療がない、これからどうすればいいのか・・・。痛いほどわかります。声を大にしていいたい!!私達は「死を待つのか」それとも「治療を待つのか」早く治療が出来る事を祈ります!
・私は腎臓癌で現在インライタを服用してます。患者に希望を持てるようにしてもらいたい
・私は大腸癌の治療中です。患者の皆さん、それぞれ生きなければならない、死ぬわけにはいかない事情があり、本当に藁をもつかむ気持ちだと思います。少しでも可能性があるのであれば、それが希望になります。生きることに希望を持つことができる社会であることを願います。
・胃癌手術後抗がん剤治療にて腹膜播種が治療できず。オヴジーブの使用念願する者です。
・今年の1月にメラノーマ ステージ4の診断を受けた34歳です。現在は免疫チェックポイント阻害薬での治療をしていますが、こちらの効果が無くなればオプジーボに移行される予定となっています。オプジーボが必要とされる多くの患者様に届くよう、署名させていただきます。
・乳がんサバイバーです。頑張ってください。応援しています。
・スキルス胃癌です。今のところは腹膜播腫があるかないかわかってません。がんばって病気に打ち勝って楽しく過ごしたいです。お互いにがんばっていきましょー。
・選択肢を増やせることで救える命はたくさんあると思います。多くの人が少しでも長く生きることができるようになる事を願っています。そして一つでも多くの経験、景色を見せてあげたいです。
・妹は26歳からもう3年以上腹水を抜きながら治療しています。精神的にも肉体的にもギリギリの中で日々頑張っています。一刻も早く承認されますよう、どうかよろしくお願いします。
・一日も早く腹膜中皮腫患者にも、治療の選択肢を認めてもらえるように祈っています
・私の義兄は、腹膜中皮腫が発症しています。オプジーボの保険適応を早急に望んでいます
・オプジーボの使用が承認されることにより、一人でも多くの患者さんが助かりますよう、希望を持てるよう、心から願っています。
・1日も早く腹膜中皮腫の治療法が確立されることを願っています。また、みぎくりハウスの皆さんが、中皮腫患者の立場で様々な活動をしてくださっていること、心から感謝致します。
・頑張ってください
・1人でも多くの方が病から解放されますように。。。。
・今年3月に妻が悪性腹膜中皮腫との診断を受けまして、現在カルボプラチン、アリムタにて3クール目に入ったのですが増悪はしていないものの、CT結果では横這い状態であります。先日、主治医からMSI検査を勧められましたので、受ける予定であります。この先、胸膜以外の患者様、妻も含め少しでも治療の幅が広がることを祈っております。
・義理の姉が患者です。私にできることは多くはないです。この署名が患者さんのためになればと思っています。
・治療方法の少ない中皮患者の新しい治療としてオプジーボがすべての中皮腫患者が一日でも早く使えるようになってほしい。
・主人は腹膜中皮腫ながらも、胸にも結節が見られるとのことで、一足お先にオプジーボでの治療を試しておりました。残念ながら、主人にはオプジーボは効果が無かったようで、症状は進み、腸閉塞を起こしたりしましたので今は入院してカルボプラチン+アリムタでの治療を頑張っています。主人に効かなかったように、オプジーボは決して夢のお薬などではなく、他のシスプラチンやアリムタと同じように「効果のある人」と「効果の無い人」がわかれます。でも、今苦しんでいて、なんとしても生きたい、治療法が欲しい患者さんにとって、1つでも少しでも使えるお薬が増えることは何よりも大切で、切実な希望です。これからオプジーボが効くかもしれない全ての患者さん達に、区別なく使える様になるよう、切に願っています。
・腹膜中皮腫への適用を切にお願い申し上げます。
・母はオプジーボ 、投与できたのですが、残念ながら効果は得られませんでした。ですが、この活動によって1人でもオプジーボ で助かる人がいるのならばと思い、署名させて頂きました。
・切実な思いが、どうか届きます様に。また、医学が進み、希望を持って生きられる治療が開発される事を心より願っております。
・父が1998年11月に腹膜中皮腫と診断され、10ヶ月後の1999年9月に死亡しました。手術は出来ない状況で、抗がん剤(シスプラチン)と腹部温熱治療を受けました。現在、中皮腫で治療を受けている方の選択肢が一つでも増えるようオプジーボの使用承認を要望します。
・72歳の義母ですが、6月に腹膜中皮腫と診断され手術は無理とのことで、現在抗がん剤治療をしています。情報が少なく、主治医の先生も手探りのようです。仕事などで石綿に関連ありませんが、義母に聞いたところ、40年ほど前は、自宅のこたつやあんかなどで豆たんを日常的に使っていたようです。それが原因かは分かりませんが、関連があるとしたらそれくらいです。一日も早く薬が使用できるよう願っています。
・今年の5月に、妻48歳を腹膜中皮腫で亡くしました。オプジーボ承認で、苦しんでおられる方の希望となればと思い、署名致しました。
・去年、腹膜中皮腫で父が亡くなりました。診断からわずか3ヶ月でした。病名を聞かされ、色々調べた際にその情報と治療法の少なさに絶望しました。少しでもこの病気に対する情報や治療法が増えて欲しいと願います。
・生きる為の選択肢しが増える事を願って
・78才の父が先日腹膜中皮腫の診断を受けました。約3ヶ月かかりやっと病名がわかり治療に入れるのかと思ったら倫理委員会の承認がいるとかでまだ治療にはいることができません。こんなことがあるのかと愕然としています。食事がほぼとれずどんどん衰弱する父を見ているのも辛いです。家族一同途方にくれています。少しでも希望のある治療がすぐ受けられるようになることを望みます。
・大切な人が腹膜中皮腫です。助けてください。
・皆様方の日々の活動に対し、微力ながらも何か出来ればと思っております。宜しくお願い致します。
・夫は悪性胸膜中皮腫を患って三年になりました。夫がお世話になっている病院では、100人の癌患者のなかに一人居るかいないかと云うほど希だそうです。たまたま、みぎえもんさんのブログを読ませて頂いて此方の活動を知り、そして腹膜等他臓器の中皮腫患者さんもいらっしゃるのも知りました。夫も今年からオプジーボの治療を受けてます。他臓器中皮腫の方々皆さんが補償を受け治療出来ます様お祈ります。どうぞ宜しくお願い致します🙇
・患者の選択肢を増やすことは、生きる希望や完治への可能性を秘めていると思いますので、がんばりましょう。
・応援しています。
・この署名が、微力ながらもお手伝いになればと思います。お体に気をつけてご活動くださいね。
・待っていらっしゃる患者さんを思うと少しでも早く使用を認めて頂ける日が来ますように祈るばかりです。患者の皆様の一筋の光となりますように希望し続けます。
・患者さんの藁にもすがる気持ちを尊重していただきありがとうございます。よろしくお願いいたします。
・少しでも多く、早く、たくさんの患者さんが救われる検査や薬が増えますように。
・すべての中皮腫患者さんに、1日でも長く生きたいという希望をかなえられるますよう、宜しくお願いいたします。
・少しでも力になれるなら、皆様の願いが叶いますように。
・一日でも長く中皮腫患者が救われる事を心から願っています。
・胸膜中被腫以外の患者さんにも治療の選択肢が増えて、希望を持って過ごすことが出来るようになることを願っています。
・一つでも多く、回復の機会が増えることを願います。
・ぜひ患者に希望となる治療をお願いします。腹膜中皮腫も胸膜中皮腫もアスベストが原因です。せめて胸膜中皮腫と同じ治療が出来るようお願い致します。
・一刻も早く承認されることを祈ります。
・早期に承認されることを願います。皆さまの活動に敬意を表し、応援させていただきます。
・署名用紙を郵送して欲しいです。できる限りの署名を集めます
・同じアスベストで病気になったのに、なぜ承認されないのか不思議でしかたありません。一人の人間として微力ながら応援させて頂きます。頑張ってください
・1人でも多くの方が1日でも1秒でも長く生きれますように願います。
・父はもう治療法がないと言われてしまいましたが、生きるために頑張っています。もっと多くの治療法が確立される事を切に願います。
・1人でも多くの患者さんを救ってあげてほしいです。そのためには一つでも多くの選択肢が必要です。大至急認定をしていただきたい。
・一日も早い承認を願っております。
・ひとくくりに中皮腫と言っても、それぞれ腫瘍の顔は異なりますので、個々にあった最善、最適な治療が出来る様に期待いたします。頑張って下さい。m(_ _)m
・患者さんにとって最善の治療が受けれることを願ってます。
・昨年、母が胸膜中皮腫で他界しました。苦しんでおられる方々に希望が生まれますように。
・悪性胸膜中皮腫で既に他界した父を持つ家族の者です。新しい治療の発見で可能な限り、いろいろな病気に適応出来るなら、試させてあげて頂きたい、というのが率直な意見です。
・主人は十数年前に悪性胸膜中皮腫で他界致しましたが、其の頃は全く治療薬、治療方法がなく、ただただ弱り行く姿を目にする事だけでした。いろいろな病に対して、”可能性”というものが存在するなら患者へ選択肢というものを与えてやって欲しいものです。
・希望する。患者さんに分け隔てのない治療を提供して下さい!
・治療は抗がん剤ありきという日本の医療界の姿勢をいち早く改めてもらいたい
・一日も早くあらゆる中皮腫にオプジーボが使用できるように願います。
・少しでも治療の選択肢が広がれば、希望が生まれます!よろしくお願い申し上げます。
・いつもたくさんのご活動、励みになっています。署名で恩返しが少しでもできればと思い、賛同させていただきました。これからも、情報発信、よろしくお願いいたします。
・全ての中皮腫患者の皆さんが治療の選択肢として平等に受けられるよう、一日でも早く承認されることを願っております。
・官僚の方々、薬品会社の方々、医療関係者の方々にみんなの想いが届きますように。患者さんの希望を叶えてください。よろしくお願いします。
・父が胸膜中皮腫でした。2012年に発覚し、2017年に他界しました。中皮腫が完治できる病気になることを願っております。
・オプジーボ.父には、かなり効果がでていると思います。中皮腫以外の方にも効果があればいいと思います.
・主人が胸膜中皮腫と今年4月に診断を受けました。今抗がん剤治療三回受け、次回接種後CT検査の結果で今後の治療を検討することになります。アリムタ+シスプチンが奏功しないならオブジーボとも言われました。発病前にニュース等で耳にしたことがある『オブジーボ』が身近なものになるとは思いもよりませんでした。胸膜中皮腫以外は使えないと知りました。少しでも力になれたらと思います。
“・闘病中の家族は胸膜中皮腫なので、オプジーボの承認はおりていますが、現時点では体調面から受けることが出来ません。
しかしながら、オプジーボがある事で希望を持つことができます。他の中皮腫患者さん、そしてご家族の方の為にも、一刻も早い承認を切に願います。”
・胸膜中皮腫で亡くなった母のように 悔しい思いをする人が 一人でも少なくなって欲しいその一心です
・患者家族です。中皮腫も治る癌にして欲しいので、幅広い治療の選択肢を望みます。
“・父が悪性胸膜中皮腫疑いで、昨日、生検を受けました。結果は3週間位しないと出ないと言われました。医師から生検時の情報を聞く限り、そうであろうと思います。1カ月前に悪性中皮腫疑いと言われ、ネットの情報にただただ絶望していました。
しかし、このサイトを見つけ、頑張っていらっしゃる皆さまに心が少し救われました。前置きが長くなってしまいましたが、微力ながら闘っている皆さまの希望になればと思い、書面させていただきます。どうぞ、皆さまの思いが現実に変わることを心よりお祈り致しております。”
“・父が中皮腫で治療中です。みなさまの活動が時に心の支えになっています。いつもありがとうございます。

・父が胸膜中皮腫で1年2ヶ月の闘病の末、昨年11月に亡くなりました。オプジーボは条件が合わずに出来ませんでしたが、治療がない病気に絶望している時に新薬は生きる希望になりました。今、病気で苦しんでいる方達に少しでも希望を持って頂けますように。
・昨年末から父親の体調が悪く、様々な検査を経て本日、悪性胸膜中皮腫と診断されました。ここ数ヶ月、この病気についてブログなどを通じて色んなことを知ることが出来ました。今後、闘病していくことになりますが少しでも力になれることがあればと思い署名させていただきます。
・父は2年前に悪性胸膜中皮腫で亡くなりました。中皮腫を患っている方たちにとって、少しでも希望の光になることを願っています。
・5年前胸膜中皮腫で最愛の主人は(享年56歳)で他界しました。現在、私は乳がんの治療を受けています。何のお力もなれませんがせめてもとの思いでfaxさせて頂きます。
・ご無沙汰しております。みぎえもんさん、頑張って下さいm(__)m
・母親が悪性中皮腫のステージ3です。先も何も見えない中、病気と闘ってます。どうかこの署名が届きますように。そして栗田さんのご冥福をお祈りします。
・私の父が4月末に胸膜中皮腫でこの世を去りました。父は治療をするという選択肢が残されてはいませんでした。他の患者さんには選択肢があって欲しいと切に願っております。微力ながら署名することでお力になれれば幸いです
・夫を胸膜中皮腫で亡くしました。少しでもお力添えが出来れば幸いです
・認可されているお薬が少ないので抗がん剤がダメだったとき絶望的になります。一つでも多く治療薬がほしいですね。署名しかできませんが心より願っております。頑張って下さい!
・残念ながら父は昨年亡くなってしまいましたが、この署名を通し、腹膜中皮腫、その他の中皮腫等に治療法の道筋が少しでも開ければと願っております。また、中皮腫全体の治療法の改善へと繋がって欲しいと思います。陰ながら応援しております。
・父(71才)が昨年10月に 胸膜中皮腫と診断され 手術はできる状態ではなく断念。抗がん剤治療開始。1クール終了時には 体調はとても良かったのですが 1ヶ月抗がん剤をやらずに 様子を見ていましたが 胸のつかえ、発熱 貧血があり 再び輸血をしてから抗がん剤を、、、。 この治療で効果がなければオプジーボを開始して頂けるか 医師に相談しようと 思っています。なので 治療が確立されていない 中皮腫の患者様は 皆さん、オプジーボの保険適応を心待ちにしてると 思います。よろしくお願い致します。
・患者遺族です。母はオプジーボの承認目前に亡くなりました。わずか9ヶ月の闘病でした。腹膜、心膜の患者やご家族の方々も早期の承認を心待ちにされていることと思います。一日も早くオプジーボでの治療ができることを切に願っております。
・私の主人が約3年、頑張りましたが6月17日に逝ってしまいました。まだ53歳でした。まだ実感もなく、何をしてよいのかも分からず、中皮腫のブログをはじめて検索して読み、この署名を知りました。治療法が無い、この事実は残酷です。ほんの少しでも誰かの希望になり、また、効果が表れたら、こんなに嬉しいことはありません。
・中皮腫の発生部位によって、患者が治療方法で差別を受ける事のないようにして下さい。中皮腫患者は国やメーカーが利益追求を優先させた為に生じた被害者です。被害者同士が治療方法で隔たりを感じる事の無いようにお願い致します。
・希少癌である中皮腫。予後が悪い、絶望感に心が乗っ取られそうになる希少癌中皮腫。アスベストが原因で、なんの罪も落ち度もない方々が苦しんでいます。せめて治療は公平に。すべて中皮腫患者にオプジーボを認めて下さい。彼等には時間がないのです。お願いします。
・アスベストによる被害をうけられた全ての方々が、一刻も早く公平に救済される事を、心より願います。
・署名活動頑張って下さい。胸膜中皮腫でも副作用の観点から、最初から使用出来る薬になる事を願ってます。
・ペンネーム優香さんの記事を読んで胸が痛みました。どこでいつばく露したのでしょうか。取り急ぎ署名用紙を送らせていただきますね。ご自身の体調を気に掛けながら無理をなさらずにご活躍なさいます様に
・80才になったばかりの父を1年半前に胸膜中皮腫で亡くしました。どこでバクロしたかも分からず、体調を崩し入院、検査で手術して診断されてから、あっという間に逝ってしまいました。体力的に手術も出来ず、抗がん剤も効かないと言われ、何もせずにただただ弱っていくのを見ているだけでした。もし、何か手立てがあるなら1つでも試していただければと思います。
・中皮腫は国の責任です。この病気で苦しんでいる方々にオプジーボ使用を許可することは当然のことと思っています。すぐに認めて下さい。よろしくお願いします。
・治療の選択肢が出来、患者さんの希望の光となりすように。また、栗田さんの講演やブログで勇気付けられました。心よりご冥福をお祈りします。
・友人が胸膜中皮腫なので署名させていただきました。
・アスベストが原因で悪性胸膜中皮腫になり苦しみもがいた後、亡くなりました。国の責任は重いです
・父が昨年の7月に悪性胸膜中皮腫と診断されました。労災認定もされず大変な思いもしていますが、不安や恐怖もありながら今はオプジーボを受けながら何とか元気に頑張ってます!みんなが望む治療を受けることができる日が一日も早く実現しますように。中皮腫が治る病気になる日がきますように。
・夫が2018年1月に胸膜中皮腫と診断されました。抗がん剤治療後 2018年11月からオプジーボを始め、今のところ奏効しているようで 休みながらも仕事を続けられています。皆さんの活動のおかげで承認され、オプジーボを使うことが出来ています。胸膜以外の患者さん達にも治療の選択肢が増えることを心から願っています。いつもみぎえもんさんはじめ、患者と家族の会、サポートキャラバン隊の皆さんの活動を応援しています。
・少しでも多くの患者さんに治療の選択肢が広がりますように。
“・父が胸膜中皮腫で亡くなって49日が過ぎました。心の整理はまだつきませんが、私のできることを少しずつしたいと思います。
中皮腫で苦しむ患者の皆さんの少しでも多くの方が望む治療を受けられるように、中皮腫が治せる時期が来るまで生きて治療が受けられるように心から願います。”
・先週、もうすぐ80歳になる私の母が悪性胸膜中皮腫の診断をされました。正直、初めて聞く病名でしたので色々調べた所、こちらのサイトに辿り着きました。微力ながら、署名をさせていただきます。
・父がアスベストが原因による肺がん闘病中です。みぎえもんさんのブログから様々情報や前向きな姿勢にとても励まされました。中皮腫の治療法が更に広がり、よりよい治療法が確立されることを心から祈っています。
・胸膜中皮腫以外の中皮腫患者に対しても早急にニボルマブの保険適用が承認されることを願っています。1日でも早く承認され沢山の患者さんに少しでも元気になって頂きたいと思います。
・治療の選択肢を増やしてもらいたいです。よろしくお願いします。
・昨年末、母を希少ガンで亡くしました。生きたいと願う患者や家族に最大限応えて頂きたいです。
“・主人は亡くなってしまいましたが、肺がんの中でも罹患者数が少ないと言われている小細胞肺がんでした。母は、今希少がんの1つである胸腺がんの治療中です。使える薬が少ないのは本当に辛いです。1つでも多くの薬が使えるようになりますように。
応援させて下さい。”
“・主人が大腸癌多発肝転移手術で寛解状態ですが、術後抗がん剤で悩んでいます。
希少癌の方にも、もっと治療の選択肢が増えますように。
すべての癌は全て他人事ではありません。
皆様のためには全て人のために繋がります。
よろしくお願いします👍”
・私の主人も胸腺がんという希少がんです。患者数が少ないが故に治験もほとんどなく標準治療が確立されていません。胸腺がんも肺癌治療に準じるとされながら高価なオプジーボや分子標的薬は使用してもらえず、治療の選択肢がほぼない状態です。同じような立場で、やりたい治療をさせてもらえないみなさんの気持ちが痛いほどよくわかります。あきらめたら終わりだと思うので、国を動かせるように頑張りましょうね。
・看護学生として、人間として関係なく、「生きたい」「助けたい」という気持ちはみんなにあると思います。1日でも長く生きれるようにオプジーボが使用されるのを願っています。
・主人がアスベスト肺癌です。賛同します。頑張ってください。
・母と夫が肺腺癌です。夫は早期でしたので手術できました。母は胸膜播種もあり、抗がん剤治療中です。種類は違いますが、一つでも多くの治療法が増えることを祈っています。
・肺腺癌患者の家族で、オプジーボも使用しました。私の家族には効果がありませんでしたが、治療の選択肢が増えることは、患者の希望に繋がると思います。
・父が肺がんでした。オプジーボも使用しましたが、残念ながら効果が出ず、2019年6月に永眠しました。オプジーボは、父には効果がありませんでしたが、効果が出る方もいらっしゃると聞いていたので、1%でも可能性があるなら使用できるようになれば良いと思いました。賛同させていただきます。
・母が確定診断ではありませんが、原発性腹膜がんではないかと診断され、腹膜播種も疑われています。筆者の方はお若いのにさぞ辛いと思います。有効な薬があるなら早く認可されて欲しいと思います。
・父がスキルス胃がんの闘病中です。少しでも効果が期待できる治療を受けたい、治りたい思いがあります。必要とする全ての病気の方に、オプジーボ保険適用となる事を願っています。
・ひとりでも多くの方の命を救いたいです
・中皮腫患者ではありませんが、同じ希少がん患者で不安に思っている一人です。どうか皆様の身を削りながらの活動が実りますよう願っております。
・1日でも早く使用できるまで頑張りましょう。
・治療の薬が1つでも使えますように!病気は違えども気持ちは同じです。お祈りしております。
・月並みですが頑張ってください。いち早く使用できるようになることを願っています!!
・一人でも多くの患者様の命が未来へと繋がりますように。
・1日でも早く望んでいる患者さんへお薬が届くこと、祈っています。
・私は肺がんステージ4の患者です。薬で生きながらえてる者として、少しでも多くの選択肢を患者に与えられることが、生きる勇気になっていることを実感しています。どうか、オプジーボが中皮腫の患者にも適用されるようお願いします。
・熱意ある活動に陰ながら応援させていただいております。中皮腫ではありませんが、母を癌で亡くしており、同じ境遇の方のブログを探してて、このような癌で苦しんでいる方もいるのだと初めて知りました。私も他人事ではないと思っております。どうか、全ての患者さんが希望する治療を受けられますように。
・癌の種類は違いますが、Instagramで知り合い共に闘ってる1患者です。ひとつでも多くの薬に出会える機会が欲しい気持ちを持っている患者として署名させて頂きました。頑張りましょう。
・1分1秒でも早く、オプジーボが保険内で使えるようになりますように。応援しています。
・わたしは20代女性です。去年末に子どもが産まれました。わたしの友人にも同じような幸せを当たり前に感じてもらいたいです。少しでも安く、より効果のある治療薬が提供されることを心から願っています。
・一日も早く治療方が確立し、患者さん、そのご家族が安心して毎日を過ごせるようになれる日が来ることを願っています。
・昨年父を中皮腫で亡くしました。中皮腫に苦しむ本人、家族の皆さんの負担が軽くなりますように。
・是非この嘆願がこの思いが伝わり実現されますように
・一人でも多くの人々が救われますように。
・膀胱癌患者です。時間はドンドン過ぎていきます。早く適応をお願いします。
・患者さんの、ご家族は 藁にもすがる思いです。治せる薬が得るならば 許可してあげて下さい。
・経過観察中の腎臓がん患者です。少しでもお役に立てますように…。
・肺線癌患者です。希少という事で このような治療の不公平があるとは知りませんでした。少しでも早く 平等な治療か受けられる事を願って 署名させて頂きます
・肺がん患者です。受けたい治療が受けられる世の中に。私たちも望んでいます。頑張りましょう!
・がん腫は違いますが、皆様の治療が少しでも前に進める事が出来ます様にと、微力ですが協力させて頂きました。これからも頑張って下さいね。
・一刻も早い承認を願います。ブログでお世話になっている、るんるです。
・今も苦しんでいる腹膜、心膜精巣膜、の患者さんの為にも、どうか承認をお願いしたいです。
・以前から部位によって、薬が使用出来る出来ないが決められているのが納得できませんでした。広く希望する人全員に適用できるようにしてください。
・私は子宮平滑筋肉腫患者です予後不良の為 使える抗がん剤は少なく 4種類の抗がん剤を使いましたが 何一つ効果はありませんでした 最後の希望のMSI検査は陰性でキイトルーダの対象ではありませんでした もう積極的な治療は出来なくなり緩和ケアにて医療麻薬を使い痛みをおさえてるだけです 希少がんの辛さは身をもって感じてます 早くオプジーボを使えるようにしてあけて下さい
・主人が他の希少ガンです。同じように部位によって保険で使える薬と使えない薬があることをはがゆく思っております
・病気は違いますが私も薬の開発を待つ癌患者です。あるのに使えない薬・・・一日も早く使えるようになって、命がつながりますように!応援しています。
・皆さんが希望される治療を認可してもらえる事を強く希望します。
・みなさん、頑張って下さい!
・私も病気を患っています。心が不安定になったりしますが、共に闘いましょうね。
・知人の紹介で及ばすながら協力させてもらいます。患者さんの少しでも望む良い方向に進めばと切に思います。
・一日も早くオプジーボが承認されることをいのっております。
・私は腎臓がん患者です。癌種は違っていても、オプジーボを必要としている全ての人が保険適用で使えるようになって欲しいと強く思い署名いたしました。早期に保険適用される事を強く望みます。
・私は血液ガンですが、希少ガンで友人を亡くしております。一日も早い治療の確立を願います。
・患者本人の命について、患者本人が自分の責任で治療を受けられるよう、ひとつでも多くの治療の選択肢を得られるよう、署名させていただきます。何もできないまま命が尽きるのを待つことほど、辛く苦しく残酷なことはないと痛烈に感じています。可能性が少しでもあるのであれば患者自身の責任で、患者の意思で治療を受けることができますように。
・panchiさんのブログで皆さんが頑張っておられることをいつも拝見させて頂いています。少しでも中皮腫に罹患された方々に治療の選択肢が増えますようにと願っています。
・少しでも多くの署名が集まることを願います。
・40代前半の元同級生が療養(経過観察)中です。少しでも役に立てれば幸いです。
・インスタの紹介で知り、署名させていただきました。なぜ認めてもらえないのでしょう?数少なくとも大事な生命がかかっています。少しでも早く承認されますように。
・発生割合の少ないガンだからと言って、承認されなかったり、承認が遅れるのはおかしいです。多ければ助けて、少なければ助けないのですか?一刻も早く、承認されるようにご尽力いただきたいと思います、
・ひとりでも多くの方が助かりますように願っています。
・難病で苦しむご本人、その方を支えるご家族ご友人のご負担が少しでも軽くなって欲しいと心より願います。
・最近父を癌で亡くしました。少しでも、ご本人とご家族の負担が軽くなりますように。
・ひとりでも多くの方が治療を受けられるようにして欲しいです
“・オプジーボの使用が認められて、一人でも多くの患者さんが救われますよう祈っています。みなさんのすばらしい活動をブログで拝見しながらそっと応援しています。一人一人の小さな力も同じ気持ちの人が集まるととても大きな力になるんですね。
これからもがんばってください。私は腹膜中皮腫で手術をしましたが、良性ということで術後も抗がん剤治療はしていません。再発もあるし悪性に変わることもあるということで経過観察で半年に一回検診で病院に行くだけです。がんばっているみなさんを思うと、私が活動に参加するのは違うと思い心の中で祈ることしかできませんでした。署名の機会がありうれしいです。”
・看護師をしています。最近出産により家族が増え、守るべき存在が増えました。私の署名により、助かる命が増えますように。
・一日も早く中皮腫患者様の治療の選択肢が広がっていきますよう、お祈りしております。
・病気のことは良く分からないのですが、なにかのお力になれればと思います。
・一日でも早く承認されますよう祈っております!
・1日も早く全ての患者の皆さんの不安かなくなる事を、応援致します!
・日頃ご自分のため 他の患者さんのために懸命な活動をなさっている 方々に敬意を表します。目的に向かって 皆で頑張っていけば必ず嬉しい結果がでます。これから暑い季節がやって来ますがお互い体調に注意しながら みんなで頑張ってまいりましょう。
・一人でも多くの患者さんの命が助かる事、祈ってます。
・罹患者ではありませんが、もし自分が、自分の家族が、大切な人達がこの病気だったら…と考えた時、同じように闘うだろうと思い、署名活動に参加しようと思いました。苦しみ?辛さは当事者本人にしか解り得ません。少しでもお役に立てれば幸いです。
・私の大好きで大事な友達が腹膜中皮腫で現在治療中です。もうあとはオプジーボの治療しか見込みがみられなくなってきています。どうか、どうか、使用できるようにして頂きたいです。私も署名活動は積極的にさせて頂こうと思っています。何か活動する内容等あれば教えて頂きたいです。宜しくお願い致します。
・私は子宮頸癌患者です。アメブロのフォロワーさんのブログでこちらを知りました。私は大神経内分泌腫という稀な腫瘍だということで、色々複雑な気持ちになったりました。現在は経過観察中ですが、治療後の体調が悪く先生もあまりデータがないとの事で困惑するような時もあります。明確な治療がわからないので、告知後不安な気持ちになることが多いです。今回多くの署名により多くの患者様の命が繋がる事をお祈りしています。
・一日も早く認めて下さるようお祈りいたします。
・病気の方に希望を与えて下さい。
・私も胃がんで苦しんだ過去があります。一日も早く薬の承認をお願いして一人でも多くの方々を助けて欲しい。
・患者さんのためにも1日も早く薬を使う事が出来るようにお願いします。
・患者さんと家族に希望を
・頑張って下さい!!
・早期承認、お願いします
・インスタグラムにて、フォローしている方の投稿で知りました。離れて暮らしている自分の両親も、会うたび想像以上に年老いていきます。自分も大切な家族や友人も、病気にならないという保証はありません。明日は我が身と思い、大切な人が守れるように、少しでも助かる命が増える事を願います。
・私は肺がん患者です。共に病と闘う者として応援します。お互いに頑張りましょう
・全ての患者の方を応援します。
・どうか病気を完治させて幸せな人生を歩んでいただきたいです。助けてあげてたいです。微力ながら承認されることを願っております。
・早く承認され、必要な方に届きますように。
・皆さまの願いが届きますように
・皆様の願いが1日も早く実現しますように応援させて頂いています。
・患者さんが一番適切な治療を保険適用内でいち早く受けれることを願ってます。
・国民ひとり一人の命を護るためにこそある政府、厚生労働省だと思います。助かる可能性のある命はまさに懸命に!救うべくご尽力ください。
・保険が認可される事により、患者さんやご家族の金銭的ご負担が少しでも軽減される事を願っています。微力ですが、応援しています。
・難病で困ってる患者さん。治療薬や治療法が少ないのはわかりますが署名を集めても意味がない時もあります。誰もが病気になりたくてなっている訳じゃないと思います。一日でも楽しい時間が過ごせるように早く治療してあげてほしいです。
・患者が少ないとか多いとか関係ありません。良くなりたい気持ちは同じです。一日も早く承認されて、受けたい治療が受けられますように、お祈りいたします。
・承認されることを願ってます。
・少しでもお力になればと存じます。
・患者さんを助けてあげてください。お願いします、お願いします。
・私も大腸癌ステージ4です、毎日毎日が不安の日々です。チャンスを早く与えてください、早くください。これが癌患者の切なる願いです。どうか迅速に処理出来る人が最大限の努力お願いします。
・少しでもお力になれたらと思います。
・必要としている方に効果的な治療法がみつかりますように。
・様々な病気に対する治療が進化している中、待っている患者さん達のためにも1日でも早く認証、そして保険適用されて、皆が速やかかつ効果的な治療を受けられるようになりますように
・賛同致します。
・一人でも多くの方にオプジーボが使えるようになってほしいです。
・1人でも多くの中皮腫患者の方が救われますように。
・全ての患者さんが、治りますように
・腹膜中皮腫が悪性中皮腫の中で10パーセントと低いために、オプジーボの保険適用が出来ない事は患者さんには辛い事だと思います。早く保険適用になるのを強く望みます
・必ず承認出きること願います。今現在苦しい方や待ってる時間が少なくなってきている方がたくさんいるんです。1日でも、1秒でも、長く家族と友達と、一緒に居たいのです。どうか、どうか
・1日も早くお薬の使用が認められることを祈っています。
・友人がこの病気にかかって苦労しています。少しでも助けになればと思い、署名しました。よろしくお願いいたします。
・オプジーボの認可が早く下りることを願っています。
“・同じ中皮腫で何故胸膜以外は認可してもらえないのか納得がいきません。
平等な選択を与えてください。”
・薬が早く認められますように❗️
・保険適用されることを強く望みます
・友人が対象者です。皆さんが より良い治療を受けられる事を望みます。
・友人が中皮腫で苦しんでいます!是非是非同等の適用して下さい!お願い致します
・是非、真剣に考え、進めてください。よろしくお願いします。
・早急に事がすすんでほしい!命がかかっています。
・わからないことばかりですが、治療に不公平があってはならないと思い、署名しました。
・諦めない気持ちの手助けになるのであれば…
・病気と戦っている人が少しでも楽になり、勇気が持てますように応援しています。
・胸膜以外の中皮腫と戦っている患者さんにもオプジーボ治療の機会をお願い致します。
・治療の選択肢の拡大を望みます
・政府はその責任において全ての患者に治療薬を認めるべきだ!
“・栗田さん、右田さん、パンチさんのブログをいつも見ています。中皮腫では無いですが、両親が肺癌、大腸ガンになり今悪化していってます。オブジーボを使えれ腹膜、心膜、精巣中皮腫患者さんも助かる方が増えると思います。どうして胸膜だけ使えて他が使えないのか理不尽ですね。微力ですが、今回署名させて頂きます。

・私も血液疾患の難病で治療中です。治療を始める前、完治は望めなくても寛解を目指すという目標を持つことで希望がもてました。今回、中皮腫という病気を知り、治療法がないという絶望的な気持ちを感じました。認可により少しでも希望を持って病気と向き合え、笑顔が咲き続けるように願ってます。
・命がけで日々を闘っている人に平等なチャンスを!
・頑張って下さい。
・先日、オプジーボが中皮腫に効果を発揮している様子のドキュメントを拝見いたしました。心より中皮腫で患われている全ての患者様に承認される事を心より願い署名させていただきます。
・1日でも早く認可がおりご健康になることを願っております。
・すべての中皮腫患者さんを平等に、一人でも多くの命を救っていただけますよう、どうかよろしくお願いいたします。
・一刻も早く、患者さんの治療の選択肢が増えますように。
・友人の腹膜中皮腫に、オプジーボが使える選択肢を!
・父を通じて知りました。浅薄な知識で恐縮ですが、未来を切り開く一助になりますと幸いです。
・種類は異なりますが私もがん患者です。一刻も早く使用を認めて頂くようにお願いしたいです。
・希望になれば幸いです
・必ず国が助けて下さい!
・親友が腹膜中皮腫と戦っています。どうかニボルマブ(オプジーボ)の使用をお認めいただけますようよろしくお願いいたします。
・すべての中皮腫に承認されることを願います。
・例え、中皮腫の中での患者数の割合が少なくても、胸膜中皮腫と同じように保険適用はするべきと思いました。
・応援しています。
・悪性リンパ腫が、寛解したばかりの者です。一日も早い認可を望み署名させていただきます!
・人一人の命は限りなく尊いもの。一人でも多くの命が救われますように。
・全ての患者さんが安心して医療を受けられますように
・患者の皆様が望む治療が、1日でも早く受けられるよう、願っています。
・腹膜、心膜、精巣しょう膜中皮腫にもオブシーボ使用を認めてくださるようお願い致します。患者さんに治療のチャンスを!
・友人の紹介で署名させていただきました。私のような者がお役に立てるかどうか分かりませんが、今この時も闘われているたくさんの方のお力添えになる事が、少しでも出来れば幸いです。皆さまの切実な願いがきっと叶います事を心よりお祈りしております。
・肺がん患者で、患者会「ワンステップしゃちほこ」の代表をさせて頂いてます。
・腎癌患者です
・少しでも早く治療の研究が進み、一人でも多くの方の治療が出来るようにお願いします。
・頑張って!
“・がん患者は、少しでも可能性があるならチャレンジしたいものです。
望む治療が受けられるように、よろしくお願いします。”
・患者ではありませんが、みなさんの願いが叶います様に、
・どうか通りますように。命より大切なものはありません。
・私も希少がんの一つの胸腺がん患者です。誰もが希望を持てる治療を受けられるように願っております。
・ブログを読ませていただいていた、右田さん、栗田さん、そしてキャラ弁のお父さんのインスタから伺いました。キャラバン隊のみなさまの願いが叶いますように
・中皮腫にもオプジーボ使えて、癌を無くせたら素晴らしいと思います。
・一人でも多くの方の回復をお祈りいたします
・「受けたい治療が受けられる」当たり前の要望が叶いますように、影ながら応援しています。
・どうか一人でも多くの方に、希望の光が届きますように、心から願います。
・1人でも多くの中皮腫患者救われることを願っています。
・希少ガンも早期、新薬の開発、認可を願います。
・中皮腫サポートキャラバン隊の方々、頑張ってください!
・親友のお父さんが腹膜中皮腫で危険な状態です。少しでも力になりたいです。よろしくお願い致します。
・患者さんの為に、早期承認をお願い致します。
・1人でも多くの方の幸せに繋がりますように。
・職場のお友だちのお友だちが闘病されているとのことでした。彼女のブログを読み、色々と心の中で感じるものがあり、少しでもお力になれれば…と思いました。私自身が知識に乏しく(申し訳ありません。)微力かもしれませんが、少しでもお力添えできれば…。直接にはお力添え出来ないのですが、お薬が認可され闘病されている皆様のお力になることが出来れば幸いです。
・患者様の笑顔を見られる事を願っています
・1日も早く治療薬を使えるようになりますように。
・悪性中皮腫の中でも発生率が低いから、という理由で保険適用にならないのはおかしいです。病気は病気です。誰だって1秒でも長く生きたいのです。どうか、承認してください。
・少しでも多くの患者様が救われますように。
・お力になれるかは分かりませんが、署名させて頂きます。
・はやく認可され、良くなることを祈っております。
・友人からの拡散希望でこの病気を知りました。なにもできないです。知ることしかできません。何の力にもなりませんが、拡散、署名に協力させてください。
・5年前患者家族になりました。私の父が悪性胸膜中皮腫でした。約一年の闘病生活でした。少しでもお役に立てればと思い、署名させていただきました。
・1日でも早く認可されるよう心から願っております。
・応援します。
・患者さんの希望する治療が受けられるようになりすように。
・過去に、2回がんになりました。
・乳がんになった事があります。
・患者様に1秒でも早くお薬を!
・おばあちゃんとおかんが、がんでした。
・全ての方に 可能性と希望が与えられますように 願っています
・私は食道粘膜下腫瘍(5㎜未満)で、経過観察中の医療関係者です。オプジーボで治療(延命)ができたらいいなと思います。
・希望の治療が受けられるように応援しています
・友人が肺がんです
・親友が何度も病院を代えてやっと病名がわかりました。まだ小さな子供もいます。精神的にも肉体的にも苦しんでいる姿に、なんとか治ってほしいと願ってます。どうか、宜しくお願い致します。
“・先天性の脳神経系の病気で治療歴があります。
今大変な思いをされている方が少しでも良い治療を、望む治療を受けられますように。”
・オプジーボは、免疫のストッパーを外すため、過剰に分泌され副作用が強く出ることが多いのが現状で、諸刃の剣で人によっては死亡してます。それでも、それに頼りたいのも人も多くいます。個人の思いで選択できるようにしてあげたいと思います。また、近い将来新しい薬の開発、より良いものができることも期待しています。
・中皮腫患者の立場に寄り添って、迅速で差別のない救済を強く求めます!
・医療従事者です。1日も早く一人でも多くの方がいきる希望を見つけ日々を前向きに過ごせるように願って署名致しました
・こんにちは。大変でしょうが頑張って下さいね。一日も早く、この薬の許可がおり、使用出来る日を願っております。
・中皮腫の方々を応援しています。早期保険適用に向けてなんとか実現にむけて要請します。
・生前、父が大変お世話になりました。同じ中皮腫なのに、どうしてダメなんでしょうか?治らない病気と言われるだけで苦しいのに、希望する治療も受けられないなんて…。患者は藁をもつかむ気持ちです。胸膜以外の中皮腫患者の方々もオプジーボを使えるようになって、効果が出ることを願っています。
・オプジーボの保険適用を、切に望みます
・オプジーボの保険適用が沢山の人達を助けることになりますように切に願います
・微力ながら協力させていただきます。応援してます!
・今年2月に父が悪性胸膜中皮腫で亡くなりました。父が胸膜中皮腫と診断されたのは、オプジーボが胸膜中皮腫の標準治療と認められて間も無くのことで、本人にとっても家族にとってもオプジーボは希望となり闘病への励みになりました。残念ながら父はオプジーボを使用することなく、その前の段階で亡くなってしまいましが、オプジーボによって今現在病気と闘っている患者さんやご家族の支えとなり、より多くの命が救われることを望みます。
・武蔵小杉ではお世話になりました。あれから いろいろな人にこの運動のことを話し、署名を増やす草の根活動しています。もっともっと増えるよう 私も頑張ります。草の根活動の際に、中皮腫の社会保障のことも 同時に話すようにしています。少しでも必要な情報が誰かの元に届きますように。微力ながら サポートさせて下さい。
・腎臓がんです。肺転移有りです。たくさん水玉ありました。オプジーボで水玉がわりとキレイになりました。早く承認されますように
・2年前に夫を腎臓癌で亡くしました。署名で少しでもお役に立てれば幸いです。
・一日でも早く標準治療法が確立されることを祈っています。
・Instagramで知り合った優香ちゃんのページから署名させて頂きました!私自信悪性リンパ腫経験者で病名こそ違いますが…長い期間諦めずに病気と戦っている優香ちゃん始め、腹膜、心膜、精巣漿膜中皮腫等の病気で戦われている方達に新しい治療法が承認される事を祈って署名させていただきます。
・肺がん。ニボルマブと同じ種類の、ペムブロリズマブを使いました。一日も早く承認されますように。
・患者さんのためにも1日でも早く使用を認めていただきたく願っております。
・一日でも早く認可されることを心から祈ってます!
・代表 栗田さんとは…職場の同僚で 仲良くさせて頂き ゴルフ等 ご一緒させてもらいました。少しでも お役に立てれば幸いです。
・悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)
・使用できるようになるようお祈りししてます。
・治療法の確立していない病に侵された患者様、ご家族の思いはその立場を経験しないと理解し得ない大変深い問題だと思っております。私の両親は、ガンと膠原病で亡くなりましたので当事者の方々のお気持ちを察するに値する経験をさせていただいたと思っております。限られた命の中で必死に生きる術を探している方たちが沢山いらっしゃるのです。国の方針、製薬会社との利害関係など問題は根深いと思いますが、患者ファーストで良い方向に向かって行くことを切に望みます。
・この署名が未来の医療に役立てば幸いです。難病と闘っている方達の希望に繋がることを祈っております。
・友人が現在腹膜中皮腫で余命宣告を受けながらも必死で戦っています。一日でも早く認可されることを望みます。また、新薬の開発も早急に対応下さるようお願い致します。
・明日は我が身。素晴らしい医療が手に届く価格で受けられるなら、治療を受けれて助かった者はまた世の中にお返しが出来ます。
・一人でも多くの方にこれからの希望を持って欲しいです。一日も早い承認を願ってやみません。
・1日も早く希望する治療が受けられるように祈っております。頑張ってください。
・この病気によって若くて未来のある人が亡くなる可能性が無くなれば良いと思っています。
・毎日、祈っています。頑張って下さいね
・ブログを通してですが、中脾腫サポートキャラバン隊の方の取り組みや患者ご本人様、ご家族様のご努力に接し、皆様のご希望が1日も早く叶うことを願っております。
・知り合いが病気なので、署名運動に参加致しました。1人でも多くの方が救われますように。
・中皮腫ではありませんが、私も希少がんのひとつ尿膜管がんです。腹膜播種でもあり、腹水に苦しんでいます。直接私の病気には繋がりませんが、同じ希少がんの力になれたらと思い微力ながら署名させていただきます。
・私自身は子宮体ガンです。ここへはpanchiさんのブログから来ました。1日も早く承認されますように。
・少しでも長く生きられる。多くの命を繋ぎとめる事が出来るかもしれない治療法があるのであれば、使用を認めていただきますようお願いし申します。すべての人に生きる希望を平等にお与えください。どうかお願い致します。
・6月16日のドキュメンタリー見ました!皆さん頑張ってくださいo(`^´*)
“・テレビを見てこれを知りました。私は30歳の時に腎臓癌を患い右腎摘出、25年後の55歳の時にはステージ3と言われ大腸癌で再び手術をしました。幸い手術後は抗がん剤治療などすることなく3年近く経ちますが、やはり再発の不安は常に付きまといます。病気も違い、治療法も違いますが、少しでも可能性のある薬の認可は患者であれば誰でも待ち望んでいます。一日も早く薬の認可が降りますよう、微力ながら署名活動に参加させていただきました。右田さんたちの活動は多くの方の希望となっていると思います。ご自身も体調の悪い時もあり大変だと思いますが、これからも頑張ってください。応援しております!

・ドキュメンタリーを観ました
・FNNのドキュメンタリーを見て、何かできることがないかと思い、署名させていただきます。
・応援しています。
・当方、がん患者です。応援しております。
・患者さんの辛い闘病生活が少しでも楽になれるよう私には署名するしかできませんが、これで少しでも助力できるならば幸いです。
・はじめまして、ノンフィクションを拝見させて頂き、署名させていただきます。六年前に母を胆管ガンで亡くしました。ステージ4で見つかり、抗がん剤で2年頑張ってくれました。胆管ガンも治療が難しく、抗がん剤で少しでも予後が善くなるように切に願っております。
・頑張ってください
・オプジーボはもっと多くの人を救える薬だと思います。救える人がいるなら、使ってください。
・少しでも長く「今」を生きている方々のためになれば嬉しいです。
・本人はとても辛そうです。一刻も早くただ普通の生活ができるように祈っています。自分はこんなことしかできませんが、少しでも力になれたらと思い、ここに署名致します。何卒よろしくお願い致します。
・昨年親友をガンで亡くしています。ガンなんて無くなってしまえと思いました。健康体なわたしにできることは、当時も何も無くただ、声をかけてあげるだけしか出来ませんでした。でも署名活動で少しでもお力になれるならばと思います。
“・初めまして(^_^)「見知らぬ棘」拝見しました。私も小学校の天井にアスベストが吹き付けられていたことを覚えています。
皆さんが、生きる為に闘っていらっしゃることを、微力ながら拡散させていただきたいです。オプジーボによる治療は皆さんの当然の権利です。皆さんの体調が少しでも回復するよう、お祈り申し上げます(^_^)”
・義理の姉が患っています。私たち、そして皆さんの思いが届くことを切に願っております。
・迅速な治療を望みます。苦しむ方が減る力になりますように。
・先日テレビで拝見いたしました。アスベスト被害についてニュースで聞いた程度の知識しか無かったことがとても恥ずかしく思います。闘病されている患者の皆様が、少しでも効果の高い、望む治療を受けられるよう祈っております。
・すみません。患者、その家族でもないんですが、署名したくて。前にテレビ(深夜だったので録画)を見て、病気のことを知り、そして、そこから右田さん、栗田さんのブログを拝見するようなりました。栗田さんの冥福を祈り、1日でも早く要望が届きますように。
・1日でも早く決まられますように、祈っております。流が変わりますように。
・私は中皮腫ではないのですが、2月まで悪性リンパ腫で入院治療していました。AYA世代です。できる治療があるならしたい!という気持ちに強く共感したため、署名をさせていただきました。中皮腫患者さんにオプジーボが承認されることを願っています!
・一人残さず治療が受けられる事を切に願います。
・頑張ってください。早く治られるようにいのってます。
・頑張って下さい
・今まで、病気もしましたが、自分は癌にはならないと思っていましたが、昨年12月「甲状腺がん」が発見されました。今年の2月に手術をし、レベル1の初期でしたので、9日間の入院で退院出来ました。同時期に、タレントの堀ちえみさんが、レベル4の舌癌と言われ、手術をされました。こんな病気になるはずないと思っていても、何時自分の身になるかわからず、オプジーボの一日も早い、治療が出来るように、祈ります。
・妻がスキルス胃がんで3月に亡くなった。同じ難病の一つなので他人事には聴こえません。妻もオプジーボ11回投与して、一時は凄く元気で食欲旺盛だった時期があったので大変いいことだと思います。
“・きっと良くなります!大丈夫です!1人じゃないです!みんなが見守ってくれてます!自分を信じて、諦めないでください!
応援してます!”
・私は甲状腺乳頭がんでオペをしました。自分の心臓が打ち出している血液が、自分を蝕むがん細胞を生かしていると感じた時の気持ちは忘れません。ただ、友人と、家族と、1秒でも長く過ごしたいのです。私たち患者の生命に直結する治療なので、保険を適用していただけることを願っています。
・治癒の可能性が少しでもあるのであれば、すぐにでも投与したいと思っている患者さんもたくさんいると思います。友人もその1人です。病状は日に日に変化しています。少しでも早く認可される事を願っています。
・市民の署名なしで動けない管理官庁の役人!!必要な署名は集めるからリアルに動いてください!!
・1日でも早く保険適用薬として使用できますように。
“・「見知らぬ棘」を拝見致しました。
右田さんの笑顔には、一視聴者である私もたくさん元気を頂きました。その笑顔と明るさは天性の宝物だと思います。どうぞ一人でも多くの患者さんを元気にしてさしあげてください。でも右田さん自身も、あまりご無理はされないようになさってください。皆様のご回復、オプジーボの認可が一日でも早く降りますことを心より願っております。”
・腹膜中皮腫の方に訪問看護師として関わっています。治療の選択肢や希望が増えること願っています。
・数か月前に中脾腫患者さんのことを知り合いの方から聞きました。今回栗田さんの訃報を昨日聞きました。オプジーボの事も聞いております。残された患者の方が少しでも長く生きられるように願います。
・早急な対応を宜しくお願い致します
“・友人の妹さんが、腹膜中皮腫と診断されたと聞きました。友人と看病と、心配で、心身ともに疲れ切っています。
どうか、どうか、お願いします!”
・治療の選択肢が増え、一人でも多くの患者さんの命が救われますように。切に願います。
・沢山の署名が集まりますよう願っております。
・応援しています。頑張ってください。
・お薬が早く使えますように
・知り合いから聞きました!!頑張ってください!!
“・父は消防士をしていました。いつどこで吸い込んでるか分からないアスベスト。父は健在ですが、人ごとではない気がします。
この署名が少しでも前に進む手助けになればと思います。”
・Instagramで拝見し、署名させて頂きました。明日は我が身…私自身や、家族が同じ立場なら!と、考えたらいてもたってもいられませんでした。このような素晴らしい活動の、ほんの少しでもお手伝いが出来ますように。これからも、頑張って下さい!
・私個人の力は微力ですが、署名で少しでもお役にたてれば、幸いです。
・サポートキャラバン隊である友人の活動を応援しております。
・一日も早く中皮腫治療におけるオプジーボ承諾、保険適用を願います。
・父親を癌で亡くしました。仕事熱心で休みの日も仕事ばかり、孫が出来てこれからって言う時でした。少しでも協力出来ればと思って署名させて頂きました。
・大腸ガン(盲腸ガン)患者本人です。生きる希望となる治療方が1つでも増える事を心より願っております。
・皆さんに保険適用されます様にお願いします
・一日も早く医学の進歩が本当に困っている方に届きますように。
・この署名で少しでも力になるのであれば幸いです。
・頑張って下さい!!
・患者さんでも患者さんの家族でもありませんが、署名運動に賛同したいと思いました。応援しています。
・私は中皮腫以外の病気、乳がん患者です。
・生きるために可能性があることは是非チャレンジさせてあげてください。
・患者の立場に立った最善の治療を!
・友達の妹さんが子宮癌になって闘病されております。是非とも!
・より多くの方に良くなるような制度になると良いと思います
・兄弟に勧められて署名させてもらいました。一日も早くオプジーボが使用できますよう、心から願っております。
・骨転移腎臓がんサバイバー。腎がんでは治療可能なのであり、すべてのがん種に治療できるように願います。
・治療法が確立されていない希少がんである中皮腫は本当に恐ろしい病気です。そして治療法が確立されていないからこそ夢の薬と言われるオプジーボを使えるようにするべきではないでしょうか。
・このような病気があり凄く残念に思います。少しでも患者さんが元気になり病気にきく薬が出来る事を祈ります。本当に大変ですが頑張って下さい。
・応援しています!負けないで!
・全国の患者さんを応援しています。
・1日でも早くオプジーボが承認されますように。
・一人でも多くの方が、闘いやすくなるために、一日も早く承認されることを願っています。
・この現状をもっと多くの人にしってもらいたいです。頑張ってください!
・1日でも早く保険適用されますように。そして必要な方に必要なお薬が届くことを願います。困っている方のことを思うと胸が痛いです。
・私は脳・脊髄腫瘍を患っています。
・友達のご主人が62才位で亡くなられましたがたいもも良くまさかと思ってましたが、肺癌でもなく酸素吸入しながら生活されてました。友達は結局何の病気で亡くなったのかよく説明出来ずにいました。原発の下請けの仕事をされていたのですが、病気の知識もなかったのかもしれません。アスベストむき出しの鉄骨造の倉庫なんかあっちこっち有りましたよね
・なんでも協力すんで!!
・少しでも多くの人が幸せになれるよう願います。
・治療を待ってる人が沢山いらっしゃると思います。お役にたてればと思います。
“・全く知らない病気でした。
たくさんの方々が理解して、ご協力してもらえることを願います。”
・中皮腫ではありませんが、心疾患(心室中隔欠損)です。投薬治療で回復が見込まれるのなら、保険適用され中皮腫患者さんの負担が、少しでも軽くなる事を祈っております。
・希望の光が今病と戦っている方、そして、家族の方へとどきますように…。
“・友達が悪性腹膜中皮腫と闘っています。ドキュメント番組からこちらの活動を知りました。多くの方の命を繋ぎ止めてほしい。
そう願います。”
・何とか治すための治療を求めたいという強い想いに賛同します。
“・私は患者ではありません。関テレのドキュメンタリーを観て、サイトを見つけ、栗田さんが最近お亡くなりになられたことを知りました。栗田さんはじめ、病気で苦しむみなさんの活動に微力ながら応援できないかと思い、署名させていただきます。

・肺腺癌。どうか承認されますように願っております。
・賛同したための署名です。
・皆が平等に素晴らしい人生を過ごせますように。
・病気ではありませんが、趣旨に賛同いたしました
・治癒する可能性のある方が、規制により命が奪われることのない世界を作る一助になれればと思い署名いたします。
・病気とは直接関係していませんが、知人からの依頼があり患者のみなさまのお役に立てればと考え署名いたしました。
・賛同致します。
・趣旨に賛同し署名いたします。
・健康な自分ですが、知人の紹介で趣旨に賛同させていただきました。
・友人の紹介で署名いたします。
・応援しています。
・別の希少疾患患者です。友人の紹介で、この署名活動を知りました。完治する治療薬がなく、不安を抱える患者さんの気持ちは他人事ではなく、深く共感いたします。少しでも良くなる可能性がある薬を、試すこともできないのは悲しいです。認められますように。
・治療の選択肢としてニボルマブ(オブジーボ)が使えるよう、この薬の適用範囲を広げてください。
・患者さんの人数にとらわれず、治療を求めている患者さん一人一人の未来がこれからも保証される国であってほしいと思います。
・長年医療で働き患者さんや、ご家族の苦しみを見てきました。このような悲劇を少しでも減らすための早期保険適応を望みます。
・お友達が、早くオプジーボが、使えるようになるといいと思います
・栗田さんの意思を引き継いで頑張ってください。陰ながら応援しています。
・母の件では大変お世話なりました。遅くなりまして大変恐縮ですが、私にも署名をさせてください。今後ともよろしくお願いいたします。
・知人の旦那様がこの病気に罹りこの病気のことを初めて知りました。先日のドキュメンタリー番組も拝見いたしました。署名ぐらいしかできなくて申し訳ないですが影ながら応援させていただきます。
・応援してます!
・お友達からお願いを受けました。本当に大変だと思います。この署名が役に立てば幸いです!よろしくお願いします。
・私はスキルス胃がんのステージ4です。病気は違えど使える薬の選択肢が広がってほしい気持ちは一緒です。一秒でも長く生きたい気持ちも。
・私は乳癌8年目です。病気は違えど他人事とは思えず署名させて頂きました。頑張って下さいね。
・大切な友人が戦っております。どうか金銭面の負担だけでも軽く軽く生きていこうと思えるように心よりお願い致します。
・こんなむごいことがあるのでしょうか?ご主人ともども、この事態を乗り切ってくださいね。
・この薬を使えることによって少しでも日常生活が楽になるように、そんな世の中になってほしいと思います。私もたくさんの人達の力と医療の力を借りてます。でも、そのおかげで働きに行けたり、旅行に行けたりできます。とてもとてもありがたいです。サポートしている皆様、頑張ってください!
・日本の科学者が開発した抗がん剤ではないか!オプジーボの効く癌患者に廉価にて提供せよ!国と製薬会社は、国民の命を守る気があるのか?患者たちの悲痛な声を聴いているのか?金の亡者のやから達よ!待ったなしで、すぐに、実行されたし!心あるならば! !
・少しでも早く宜しくお願いします。
・看護師です。日々中皮腫の患者様と接しておりますが、何かできることはないか考えております。小さな力ではありますが、署名したいと思います。
・頑張って!!
・大切な友達が苦しんでいます。仕事もストップしていて、抗がん剤の副作用に苦しみ、経済面がとても不安だそうです。私の祖母も癌で、癌の治療や痛みは癌患者にしか分からない程の辛さだと医者に言われたのを覚えています。今よりも負担が減る事を祈っています。
・頑張って下さいませ。
・どんな人にも生きるためのチャンスをどんどん与え続けてほしいと思います。
・知人のご主人様を助けて下さい。
・生きるチャンスを平等に!
・頑張ってる人、やっぱり応援したい!!あきらめずチャンスを!!
・興味がありましたので参加させていただきました(8/17ジャパンキャンサーフォーラム2019中皮腫講演会参加者)
・初めまして。家族以上にお世話になっている従姉妹家族の叔父が肺胸膜中皮腫肉腫型と診断を受け。来月より抗がん剤をはじめる方向になりました。まだまだ無知ですが何かお力添えが出来ましたらとまた色んな情報交換など出来たらと思います。
・アメブロにて拡散の記事をブロ友で乳がんと向き合ってる友達がアップしているのをみて、私でも何か出来る方がないか…と署名させていただきます。1日でも早く認可されることを願っています。
・友人のご主人が中皮腫(胸膜)と診断され、9月初旬手術を受けました。これまで中皮腫のことについてはアスベストと関係がある疾患、とくらいしか知識がありませんでした。
・1人でも多くの人の命の助けになれるように。
・夫ががんで闘病中で。まだ50代で、なんとかベストな治療にたどりつきたいとセカンドオピニオン、3rdオピニオンを聞きながら通院したり、遺伝子検査を行ったり、必死でした。治療の選択肢が増えることを望むと同時に、研究も進みますことを願っています。
・患者ではありませんが、賛同いたします。使用を認められることを願います。
・1日でも早い保険の適用を願います。
・自分は病気ではないですが、アスベスト被害に関心を持ち、国の補償の成り行きを見つめています。患者さんたちを救う手立てが少ない中、少しでも治療の選択肢が広がるよう願っています。
・会社仲間の知人に腹膜中皮腫に立ち向かっている方がいます。その事を仲間のフェイスブックで知りました。誰でにでも生きる権利は平等にあると思います。誰にもその権利を断つことはできない。私に何ができるか分からないけど精一杯やろうとしている人がいるのだから賛同し拡散させていただきます。優香さん頑張れ!
“・大切な友人が、原因に心当たりなく腹膜中皮腫になりました。彼女の子供達もまだまだ小さく、時間がたくさん必要です。
どうか、治療の幅が広がりますように、承認頂けるようお願い申し上げます。”
・どうか保険適用されますように。
・母が進展型小細胞肺がんです。
・親友が腹膜中皮腫と診断されました。これから、治療が始まるのですが、根治は難しくても、1日でも長く生きてほしい。その可能性を少しでも増やしたいと思い、署名をしました。親友から、聞くまで中皮腫を全く知りませんでした。苦しんでる方に少しでも多くの希望ができますように、願っています。
・娘の友人がこの病気になりました。まだ幼い娘が2人いる彼女は、死ぬわけにはいきません。どうぞ、可能性をください。よろしくお願いいたします。
・1日も早く承認されるよう願っています。
・知人からお話を聞きました。医療の進歩によって多くのガン患者が命をつないできていますかが、まだまだ届いていない分野も多くあります。症例の少ない分野においてもさらなる治験や新薬の開発が進むことを期待しています。
・頑張って下さい
・乳がんですが協力させて頂きます。
・現在 45歳で20歳の頃から電気、電話工事として働いております。アスベストの恐怖には 日々怯えながら生活しているのが辛いです。是非とも オプジーボの承認を宜しくお願いいたします。
・現在中皮腫の疑いがあるという事で検査入院中です。少しでもお役に立てるならと署名させて頂きました。
・是非ともオプジーボ認証、宜しくお願いします。
・少しでも力になれたらうれしいです。
・腫瘍内科医です。ぜひ、頑張ってください。
・私は、教員をしています。私の友人(教員)が中皮腫となり入院して治療していますが、抗がん剤が効かなくなってきているそうです。彼から署名の事を聞きました。賛同させていただきます。私ができることをしていきます。署名は、連合や教職員組合等にも依頼できるのではないでしょうか。
・署名くらいしか出来ませんが応援してます。1人でも多くの人が笑顔になるように祈ってます。
・署名活動ご苦労様です。一刻も早く胸膜中皮腫以外の中皮腫を持つ患者さんに対しても、ニボルマブ(オプジーボ)をはじめ、有用な治療薬が保険認可される事を願っています。
・私の妻が卵巣と子宮を摘出し抗がん剤治療しております。腹水が溜まり本人は苦しんでおります。一日も早い治療したいです、苦しんでいる患者さんの事考えてほしい。なぜ保険適用にならないの
・進行を遅らせるしか治療法はないと言われています。少しでも命への希望が持てるようになりたい。
・家族が大腸がんステージ4です。治療の選択肢が増えることを心より願っております
・一級電気工事士だった父を二年前に亡くしました。家族の計り知れない哀しみもどうか伝えて下さい。