がんゲノム医療 遺伝子パネル検査に保険適用開始。「全ゲノム解析」への動きも。

「がんゲノム医療」に関して新たな進展がありました。
がん遺伝子パネル検査が本日6月1日から、適用条件つきながら保険適用が開始されました。

https://oncolo.jp/news/190529k01
https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2019/0529/index.html

「遺伝子解析データや臨床情報等を、患者の同意に基づき、がんゲノム情報管理センター(C-CAT)に提出すること」も義務付けられました。
https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2019/0529/index.html

大きく報道もされ、注目されている方も多いと思います。
希少がんの中皮腫の治療研究は、希少がんゆえもあり、遅れています。
胸膜中皮腫治療におけるセカンドラインのオプジーボの保険適用が昨年ようやく認められたけれども、胸膜中皮腫以外の中皮腫患者にはいまだカヤの外です。
確かに多くの臨床治験が進められています。医療現場でも患者のために、既存治療を駆使して、真摯な取り組みがされていることも知っています。
しかし、患者がそのような最前線治療にアクセスするには難しい状況が続いています。
今回の遺伝子パネル検査の保険適用が、新たな希望への一つとなることを期待したいところです。
ただ、今回認められたのは、「標準治療がない固形がん患者又は局所進行若しくは転移が認められ標準治療が終了となった固形がん患者(終了が見込まれる者を含む。)」に対してです。希望する患者すべてに保険適用があるわけではありません。
さらに、調べる遺伝子は限られることから、基礎研究により意味のある情報を得るため、さらに詳しい「全ゲノム解析」を進める動きがあります。
中皮腫に対しては、「全ゲノム解析」がより意味があり重要と考えられています。
検査可能な中皮腫患者が「全ゲノム解析」を受けられるようになること。
できるだけ早くそうなることを求めていきたいと考えます。(片岡明彦)

https://mainichi.jp/articles/20190528/k00/00m/040/260000c
全ゲノム解析、本格運用へ 「3年間で10万人」を目標
毎日新聞 2019年5月29日

厚生労働省は、患者の遺伝情報(ゲノム)全体を調べる「全ゲノム解析」の本格運用に乗り出す。公的保険適用がはじまる遺伝子パネル検査は診断法や薬を開発のためには不十分と判断。政府・与党は「3年間で10万人の解析」を目標に今後関連予算を盛り込むよう調整中。 試算では、5年間で550億円程度が必要とされている。(片岡明彦)