『アスベスト被害、中皮腫患者の生き方』(栗田英司 講演記録/2019年4月6日)

中皮腫サポートキャラバン隊 in 静岡
日時:2019年4月6日(土)13:30~16:30
場所:あざれあ 静岡県男女共同参画センター502会議室
(静岡県静岡市駿河台馬渕1-17-1)
内容:栗田英司 講演『アスベスト被害、中皮腫患者の生き方』
日本初の中皮腫ポータルサイト・みぎくりハウスの紹介と中皮腫患者・家族の交流会

栗田英司さんは1999年12月24日、33歳の時に腹膜中皮腫と診断され、これまで4回手術を受けました。2年半前に肺と肝臓への転移が発見された時、抗がん剤治療を勧められましたが、抗がん剤を受けないで体調の良い元気な状態を活用して、全国の中皮腫患者とともに中皮腫サポートキャラバン隊の活動を始めました。自身の経験を他の中皮腫患者に伝えることにより、役立ててもらいたいと考えたからです。

栗田さんは昨年からキャラバン隊の講演を全国18か所で行いました。479人の参加者を得ることができ、その内、中皮腫患者は77人でした。栗田さんらは個別訪問も行い、講演会参加者と合わせると昨年1年間で100人程の中皮腫患者と会い、患者や家族からは「生きる希望を持てた」「明るい気持ちになった」という言葉を頂きました。

2019年1月6日、日本初の中皮腫ポータルサイト・みぎくりハウスを開設し全国の中皮腫患者や家族に向けて情報提供を始めています。

現在、栗田さんは故郷の静岡県で療養をされているので、中皮腫サポートキャラバン隊in静岡を開催することにしました。

腹膜・心膜・精巣鞘膜中皮腫におけるニボルマブ(オプジーボ)使用についての署名のお願い

胸膜中皮腫のセカンドラインの治療薬として、昨年、ニボルマブ(オプジーボ)が保険適用薬として使用されるようになりました。
一方、胸膜中皮腫以外の腹膜等の中皮腫(腹膜、心膜、精巣鞘膜)の患者は非該当とされたままです。
腹膜等の中皮腫患者は、胸膜中皮腫に準じる治療を受けています。
私達は、腹膜等の中皮腫患者にも胸膜中皮腫と同様の治療の選択肢を一日も早く認めて頂きたいと願っています。
この切実な思いを以下の要望にまとめ、政府、薬品会社、医療者の皆さんに届けたいと思います。
できるだけ多くの中皮腫患者の方々にこの要望に加わって頂きますようお願いいたします。同時に、患者家族をはじめ、多くの皆さんにご賛同の署名を頂きますようお願いいたします。
2019年6月7日
中皮腫サポートキャラバン隊
共同代表 栗田英司・右田孝雄