呼吸器外科・岡部和倫先生(山口宇部医療センター)からのメッセージ

山口宇部医療センターでの悪性胸膜中皮腫に対する最新(2019年2月)の治療成績をお知らせします。

胸膜外肺全摘術(EPP)を含む集学的治療の成績は、著明に改善しています。

当院では、他院が手術を行わない進行例も手術しています。

2011年からの上皮型悪性胸膜中皮腫に対する胸膜外肺全摘術(EPP)を含む集学的治療29例の成績。

治療開始後5年生存率:43%
生存期間中央値:59カ月

進行例も手術しているにもかかわらず、生存期間中央値が5年に迫り、世界でもトップレベルの成績です(グラフ参照)。

患者さんやご家族にとっては、経験豊富な治療成績の良い病院を受診されることが大切です。

岡部 和倫(おかべ かずのり)・山口宇部医療センター
専門分野: 肺がん、 胸膜中皮腫、 縦隔腫瘍
岡山大学医学部医学科臨床教授、 医学博士、 呼吸器外科専門医
教官として研鑽を積んできました岡山大学病院と米国ハーバード大学の教育病院であるBrigham and Women’s Hospitalでの豊富な手術経験を生かして、皆様のお役に立ちたいと考えています。

腹膜・心膜・精巣鞘膜中皮腫におけるニボルマブ(オプジーボ)使用についての署名のお願い

胸膜中皮腫のセカンドラインの治療薬として、昨年、ニボルマブ(オプジーボ)が保険適用薬として使用されるようになりました。
一方、胸膜中皮腫以外の腹膜等の中皮腫(腹膜、心膜、精巣鞘膜)の患者は非該当とされたままです。
腹膜等の中皮腫患者は、胸膜中皮腫に準じる治療を受けています。
私達は、腹膜等の中皮腫患者にも胸膜中皮腫と同様の治療の選択肢を一日も早く認めて頂きたいと願っています。
この切実な思いを以下の要望にまとめ、政府、薬品会社、医療者の皆さんに届けたいと思います。
できるだけ多くの中皮腫患者の方々にこの要望に加わって頂きますようお願いいたします。同時に、患者家族をはじめ、多くの皆さんにご賛同の署名を頂きますようお願いいたします。
2019年6月7日
中皮腫サポートキャラバン隊
共同代表 栗田英司・右田孝雄